フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

2018年12月10日 (月)

郷の音ホール♪

初めての 三田 郷の音ホール に行ってきましたnote 

昨日の三田は真冬の寒さtyphoon

厚手のコートだけでは足りず マフラーや手袋を忘れたことを後悔したほどcoldsweats01

郷の音ホールの建物の手前の橋を渡る時

川からの風がめちゃめちゃ冷たかったけれど

飛び込んだホールのロビーは広々と吹き抜けていて 明るく暖かい会場でしたnote

三田にお住いのJ友さまが 午前中から出かけて

赤白のトラックの写真を撮っておいてくださいましたhappy02

待ちきれず午前中から行ったのね? その気持ち わかるわ~happy02heart04


  
    

     

ライブのお話のその前に 

皆さんとフランス料理のお店でランチrestaurant

比較的リーズナブルな価格なのに 味も良く 見栄えもオシャレなお料理に大満足note

お土産の交換や近況報告会 楽しい時間を過ごさせていただきましたheart04  

 

本筋とは全然関係ないお話だけど

レストランから会場に向かう道に 大きな缶ビール型の車がeyesign01

キリンビールの工場見学者などが乗るための物のようです

三田の方はしょっちゅう見かけるから そんなに珍しい車だとは思ってなかったwwって

私には充分珍しい  中がどうなってるのか ちょっと気になるcoldsweats01

 

 

大阪から三田までのJRの路線沿いは 中山寺を過ぎたあたりから 

どんどん人家が減っていき

トンネルや ススキの生い茂った河原や 冬寒の枯草色の田畑が続いていて

とても その向こうに三田市街が有るとは思えない風景が広がっていました

そして 真冬の三田の街へ

顔も手も 風に晒されていたところが冷たくなりながら 

やっとたどり着いた郷の音ホール

そんなこんなを考えての上か?

最初のジュリーのご挨拶では 

「よくぞここまでたどり着いていただきました」みたいなことをおっしゃいましたwwcoldsweats01sweat01

 

関西恒例の?「毎度」「おいど」3回 会場のみんなメチャ元気な声coldsweats01

「(私は)元気です!」って 三回くらい繰り返したような?

とにかく 最近記憶力がガタ落ちで 何もまともに覚えていませんbearing

ジュリーのおっしゃった言葉通りには記憶してないので

正しくはないかもしれませんが こんな感じだった と思うことを書いておこうと思います

 

自分は元気です 

 

もう気にしないことに  いや気にはしています  が  もう忘れてもいいかな・・と

そんなことをおっしゃいました

会場も 賛同の大きな拍手ですnote

 

昨日のジュリーは 前半 何かいつもと違っている気がしました

テンションが 何か違う・・・

元気なんだけど 元気が板についていない感じ

あくまでも これは私が感じただけで 

それは 私のコンディションの問題だったかもしれないのですがcoldsweats01

 

「お前なら」は カズさんに向けた曲のように思っていたけれど

あの事件?以来 ジュリー自身の曲のように聴こえる

 

大好きな「あなただけでいい」 が 何か いつもと違う・・・

 

風の便りに聞いていた 「風は知らない」は 無事何事もなく過ぎ

「雨だれの挽歌」を 歌い上げ・・・

「我が窮状」

やっぱり 何かが違って聞こえるんだけど その違和感が何か 自分にもわからない・・・

 

そして 「屋久島MAY」

歌い終わって 間違えました と苦笑いのジュリー

そこからの 長い無言の時間・・・・・・・・・・・・・・・ 

お顔は笑ってる様なんだけど???

(最近双眼鏡を極力見ないようにしてるから ちゃんと表情が見えなかったので 

確かなことはわからないんですがcoldsweats01

客席から 何が起こっているのかわからず 不安と共に沸き起こる拍手 

アンコールの時みたいな 歌って~ とお願いするような拍手が続きましたが

なかなか動き出さないままのステージのお二人

とてもとても長い時間に感じましたcoldsweats02

やっと 次の曲「ロイヤル・ピーチ」を歌い始めてからは

いつもの 落ち着いたジュリーに戻ったように感じたのは 私だけだったのかな・・・

「核なき世界」 も 「グジョグジョワッショイ」 も 素晴らしかった

「A・C・B」の手拍子も楽しく

「マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!」は 

ジュリーが ダダダダダダダダダー と聴かせてる間に 客席がみんな歌い出してしまったので

「練習 いらないよね?」 ってことで いきなり本番ww happy01scissors

声を出すのは身体にいいよ!」 とジュリー

 

北九州では ジェスチャーだったアンコール前の仕草は

ちゃんと「着替えてくる」と声にも出して 分かり易くww

 

MCによれば 

屋久島後の長~~~い空白の時間は

間違えた どうしよう やり直すか? どうしよう? と思ってて

カズさんも やり直すのか? どうするの? 次行くの? とか思ってて

あのような事態になったそうなww

お互いに 話し合うことも忘れるくらい頭が真っ白だったのかなあcoldsweats01sweat01

 

ついでに 屋久島のお話に発展 

道がメチャ狭い 階段の勾配がきつい

板 板 砂利 板 砂利・・・ と踏んで歩く 具体的な歩き方のお話ww

うぐいすの鳴き声を 最初 放送されてるのかと思った それくらいずっとうぐいすが鳴いてた

階段の話からは 中学時代のうさぎ跳びの話にも発展

自分はスパルタのキャプテンだった

今じゃうさぎ跳びなんて 絶対ダメ あの頃は水を飲むのもあかんかったけど

今じゃ 15分おきに水を飲まなきゃ脱水症になるって

その辺からは 健康のお話へ

テレビではいろんなこという いうことが変化する

何が本当かわからない 野菜から食べろって言ってたのに

と具体的な生野菜が出てくるまでの過程を細かくww

今は そうじゃない タンパク質からでもいい

ゴボウはあく抜きしないで食べろ

どうすりゃいいんだ? みたいなお話ww

タケシの・・・など 健康番組をよく見ていらっしゃって

すぐ感化されちゃうそうでww

感化されて 守ろうと努力するジュリーの姿  

想像したら めちゃ可愛いheart04 萌えます~happy02heart04heart04heart04

そうゆう風に 健康番組を見るのは 長生きしたいためじゃない

ひとえに 声と耳のため

ずっと歌い続けられるように 健康でいようと思っている

拍手 拍手 拍手

そうやっていったら あと10年 その勢いであと5年 そしてまたそのあと5年

というジュリーに 大きな大きな拍手が 会場中から 何度も何度も 贈られました

LIVEの時間を短くしたのも できるだけ長く続けようと思っているから 

よし! 私も ジュリーについて行くために 健康に気をつけて あと20年頑張るsign01

なんてねsweat01  ジュリーほどの体力は持ち合わせていないけど 頑張るつもり・・・coldsweats01sweat01

 

嬉しいジュリーの言葉を胸に 帰り道は 身も心もポッカポカspaでした 

ジュリーは太陽みたい 照らして暖めてくれる存在sunshine

 

最後まで双眼鏡を見なかったから LIVEの後で 

「髪がメチャ短くなってたeyesweat01」 

と J友さんから教えて頂いて初めて知って ちょっと失敗したなって後悔coldsweats01sweat01

不協和音か何かで 

ジュリーが 「双眼鏡で観られると 視漢されてるような気分になる」といっていた

過去の記事を読んでから 双眼鏡がちょっと覗きにくくなっていました

それでも 後方席ならきっと双眼鏡を使いましたが 昨日は13列 

どちらかというと前よりの 通路の上の席 視界の開けた観やすい席でした

ってことは ジュリーからも見やすいってことじゃんsweat01

と思ったら せっかく重いのを持って行ったのに使わずじまいcoldsweats01

そんな話をしたら ジュリーはあなたの方なんて見てないわよ~ww 

って 友達に笑われちゃった 

そりゃその通りだわ~coldsweats01sweat01

次回からは 遠慮しないことにしよう!

帰り道沿いの三田市役所の広場の イルミネーションshinexmasshinexmasshine

素敵でした

ランチをご一緒していただいた皆さま 

三田の街で迷子にならないよう道案内してくださったYaさま

初めてご挨拶させていただいたYuさま

ありがとうございましたconfidentheart04heart04heart04

ちょっと早いけど 来年も よろしくお願いしますsign01confidentheart04

2018年12月 7日 (金)

高槻 無事終了ですね

12月の関西1日目の高槻も 無事に終了のようですねnote

私は行けなかったけど J友さまたちが転送してくださった写真や 感想のLINEによれば 

急激に気温が下がって 雨模様の大阪でしたが 風邪もひかず 

今日も良いお声だったようで 一安心heart04

 

雨のせいかしら? 赤トラさんもけぶってる

そういえば 前回私が高槻に行ったのは

雷で高槻の街が停電になり 会場もライブ後半から停電してしまって 

ジュリーがアカペラで 「ヤマトより愛をこめて」を歌ってくれた時でした

駅までの街路も真っ暗な中 

高槻在住のJ友さまに道案内していただきながらの帰り道 

ジュリーの柔らかな生声に ジュリーの優しさに 心は感動でいっぱいだったこと

この 雨にけぶる赤トラさんの写真を見て 鮮やかに思い出しましたrainshineshine

高槻も 「完売御礼」 嬉しいなnote

京都以来 あまり詳しいライブの内容は書いていませんが

「風は知らない」で ギターと音程が?何かが?合わなかったようで

2回歌い直しが有ったとか 都合3回 聴けたってことですねnote

ファンにとってはラッキーかも?happy02

そういう打合せをしている時のジュリーは とっても真剣になるようで

ちょっとお顔が怖かったそうですcoldsweats01sweat01

 

MCはゴクゴク簡単にかいつまんでみると

狭山のLIVEのことも MCでお話されたとか

「とっても熱かった」 うんうん ほんとに狭山は めちゃくちゃ熱かったですよ~heart04

「異常だった」ww とも 言ったとかcoldsweats01sweat01

ジュリー 涙ぐみながらも そんな冷静な眼で私たちを観察してたのね~coldsweats01sweat01

 

「ステージ上で履く靴は 革靴だけど 靴底は柔らかな素材」 「何のため?膝のため」

「道を歩く時も やわらかな土の上を歩く」 「何のため?膝のため」

まいど!おいど!は 3回

騒動後 いつも行ってる洋食店に面が割れたsweat01

テレビの取材やオファーが いっぱいきてるsweat01

テレビに出た服と眼鏡は 3年は身に付けないsweat01

      

お顔がシュッとしてて お髭も短めで 今日も素敵なジュリーさんだったようですheart04

 

高槻の駅前は イルミネーションがflair綺麗だったそうですshinexmasshinexmasshine

 

ますます三田が楽しみですheart04heart04heart04

日曜日は真冬の気温になりそうですね  暖かくして行きましょうbusdashheart04

2018年12月 4日 (火)

お得ですよ♪

生協の注文中 こんなの☟☟☟みつけましたeyesign01

私が加入しているコープ(いずみ市民生協)の 今週のネット限定企画欄

チケットの項 赤い矢印upwardleft付けてるところ

どんなに小さく載っていようと 見逃すはずがありませんよねhappy01sweat01

ジュリーの 「OLD GUYS ROCK」 の写真ではありませんかnote

      

    
来年1月16日の大阪城ホールのチケット販売ですか!

7700円?! 300円お得になってますよnote

今日のお昼から販売開始されましたが 

限定30枚のうち もう2枚 買って下さってる方がいらっしゃるnotes

嬉しいhappy02heart04

 

いずみ市民生協以外でも 関西のコープなら同じ企画が有るかもしれませんねnotes

まだ迷ってる方がいらっしゃったら お得ですよ~ 探してみて~

(イベンターさんが頑張ってる最中なのかなcoldsweats01sweat01)  

会場をいっぱいにして みんなでジュリーの熱~いステージを体感したいものですheart04

 

2018年11月23日 (金)

12月チケット

「九州から帰ったら 12月の前半のチケットの不在配達票が来てた!」

とJ友さんからLINEsign01

我が家にも来てるかなnote と 楽しみにしながら

昨日夜 九州から帰宅して さっそく郵便受けを見たけど 

???何にもなし? でしたcoldsweats01

 

もうお一人のJ友さんのお家にも届いてないそうで

澤會さんに問い合わせてくれたところによると

前半二か所以上行かれる方は すでに発送済み

一か所だけの方は 来週月曜日に発送予定 という返事だったそうです

ウチにはまだ来てないsweat01 

という方 来週まで ゆっくり待ちましょう~~~note

北九州ソレイユホール

音楽劇 「悪名」 以来 久しぶりの 北九州小倉note

音楽劇は 駅から徒歩5分位の北九州芸術劇場だったけど

今回のソレイユホールは 歩くには ちょっと遠めかもsweat01

でも 小倉城や 八坂神社の紅葉 maple など見ながら歩けば 素敵な散歩コースです

西小倉駅前からバスに乗ったら 5分くらいの近さです

 

ここ小倉北区は 私が数年間勤務していた場所

紫川も 小倉城も 市役所も 位置的には変わっていないけれど

紫川の護岸も 周辺の道路も 建物も 西小倉駅も 全てが整備され ほぼ面影がありません

結婚前に勤務していた会社のビルも 道路拡張などのためか なくなってしまっていて

過ぎ去った時間の長さを感じます

     

ソレイユホールの周辺には 食事やお茶する場所が あまりないので

芸術劇場の有る西小倉駅前のリバーウォークで 九州のジュリ友さんと久しぶりに待ち合わせ

ランチrestaurantや お茶cafeをしながら賑やかに楽しい時間を過ごさせていただきましたnote

ご主人様にアッシー君をしてもらって 大分に引き続き小倉にも参加

の岡山県のJ友さんとも合流 

ひとしきりおしゃべりしている間に 外は真っ暗

いよいよ会場に入ります 

 

今回は もう 席番が分かった日から ドキドキがとまりませんcoldsweats01

夢ではないか? と思いながら 大どんでん返しがないかとドキドキしながら

何事もなく 熱も出さず 事故にも合わず やっと当日を迎えた次第ですcoldsweats01 

昨年の岸和田とほぼ同じか それよりももっとジュリー様の立ち位置に近い席

小心者の姉妹二人並んで こんなに近いとジュリーの顔を見られないかもsweat01

などと 舞い上がっていましたが

いざ始まってみたら 

ジュリーの 穏やかな優しさが溢れでているような にこやかな 表情を見て 

二人とも ただただ 幸せでい~~~っぱいに満たされ

すっ~~~と ジュリーの世界に引き込まれていったのでした

 

ステージが 他の会場より低くて 照明の全貌が見え 感動しました

「風は知らない」 の 曲では 床に落ちた虹色の淡い照明が なんとも言えず美しく

「ロイヤル・ピーチ」では 数え切れないほどの桃の花びらが渦を描き

客席の方へ流れてくるようで ステージの方へ吸い込まれそうな気持に

「雨だれの挽歌」は 大きな水滴がいくつもいくつも 

いつまでもいつまでも降りやまない雨粒のよう

「屋久島MAY」の縄文杉も 間近で見ると 一段と迫力が増し

ジュリーの周りを囲む円が どこかの国の呪術的な結界のようにも見えました

 

ジュリーの声は もうもうもう 最高過ぎて何と表現して良いやら!

何処からこんな声量が出せるのか 身体中が楽器になってるのか と思うほど

伸びやかで 艶やかで 力強い声 高音も無理なく伸びて素晴らしかった

70歳で こんな声出るんですね!出せるんですね! と感嘆!

いつも ジュリーの歌声には感動するけれど 

昨日の(もう深夜だから一昨日ですがcoldsweats01)ジュリーの声は 

聴いている私の身体まで響くほどの声量でした

ステージが近い方は いつもこういう風に聴こえてるのか?

それとも ソレイユホールのジュリーのコンディションがすごく良かったの?

とにかく 心地良く伸びやかな歌声に身も心も委ねて幸せいっぱい

 

SAYAKAホールに続き ソレイユホールも 優しいお顔のジュリー

ソレイユホールでは MCも もう普段のコンサートと変わらない状態に戻っているようでしたが

笑顔が ほんとうに優しさを増しているように見えました

いつも 笑顔の中にも 一本気なジュリーの顔がチラッとみえる気がして

緊張感を完全に解いちゃいけないcoldsweats01 と身構えていましたが

昨日のジュリーは 緊張を解きほぐすような 優しさでいっぱいのジュリー 

だったように思います

最前列は ほぼ皆さんスタンディングだったため 後ろもそうかと思っていたら

後の席にいたJ友さんの話によれば 座っている方が多かったとかcoldsweats02

そういえば 「ジュリー!」の掛け声も少な目でしたsweat01 

最後の「ジジイでした」 のご挨拶の後だけは 

恥ずかしがりの私も 毎回思い切り「ジュリー!」と叫ぶんですが

今回はおとなしめの会場の雰囲気に あまり大声で叫ぶのが躊躇われ

ちょっと小声で 「ジュリー~!」 とcoldsweats01

今 考えたら 思いっきり叫べばよかった気がするbearingsweat01残念sign01

 

関西の会場と比べると 九州人は 恥ずかしがりさんが多い気がします

私も九州人だから 昔は フリ真似さえ躊躇ってできなかったんだものねsweat01

ジュリーの名前を叫ぶなんて もっての外 でしたものねsweat01

 

ジュリーの笑顔と言えば 曲と曲のあい間に おとなしい客席を温めようとしたのかな?

「お疲れのところ  ありがとうございます  ありがとうございます」と 

客席の左右にお辞儀をした後

自分で「どういたしまして!」と返事してww

その後 下を向いてクックックック と笑っていた顔が めちゃ可愛かったですww

このお顔は 間近じゃないと判らないかも? 

ジュリーの気持ちはわからないけど

自分で自分のしてることが可笑しかったん?

とにかく 可愛いジュリーさん でしたlovely

 

「A・C・B」 の後半の替え歌も 今回は 良く聴き取れましたnotes

「お前なら」にウルウルweep

「あなただけでいい」に 胸が締め付けられる

「Don’t be afraid to LOVE」 最近カーステレオで繰り返し聴いている曲

やっぱり 今の年齢のジュリーの生声が好きshine

手拍子を促す曲が増えて 参加してる感が嬉しいnote

どの曲もどの曲も みんな 聴く度に好きになり 解釈が深くなる

マンジャーレ 楽しいnote

ROCK 'N' ROLLMARCH カズさんのソロ 聴く度に毎回 迫力が増している気がする

楽器のドが付く素人でも 引き込まれる迫力とテクニックsign01

ギターと ボーカルだけの編成だから 

ボーカルの歌詞がくっきりと聴き取れるのが良い

まだまだ進化するというから これから先の変化が 楽しみですnote

 

3時を回り 睡魔が~

ライブの後の興奮も やっと落ち着いてきたのかしらcoldsweats01

ではでは この辺で おやすみなさいconfidentshine

 

  

2018年11月 3日 (土)

いろいろ 溜め込んで

日頃怠けているおかげで 月末になると毎月事務仕事を溜め込んではジタバタしてしまいますsweat01

毎度 おいどに火が付かないと仕事しない習慣 そろそろ卒業せねばcoldsweats01

その合間も

ネットにジュリーの写真付きの記事が見つかると ついつい読んでしまって

「うんうん そうだそうだ!良いこと言ってくれる♬」 と拍手したり 

ほとんどちゃんとした取材をしたわけでもなさそうな いいかげんな記事に ムカッとしたり 

それでなくても気ぜわしいのに 心がせわしなく波立つ日々を過ごしておりましたww

未だに 読み手を増やしたいがためだけ?と思えるむりやりの記事も毎日更新されているけれど 

そろそろネタが尽きてきて 終息しつつある?ようで 少しほっとする

 

それにしても 今回は 世間の人の注目度合がすごかった  

賛同していたり 応援してくれている方はもちろんだけど 

けなしてる人も 裏返せばジュリーが気になってしょうがない人たち?

裏を返せば ジュリーは凄い って言ってるようなものです

気にならない話題なら ここまで取り沙汰せずスルーするはず(^-^;

 

もひとつそれにしても 世の中 ご意見番的な方の多いこと!

表面的な事しか知らずに 堂々と他人を批判したり決めつけたり・・・

いつか 自分の物差しの短さに気づいて 恥ずかしい思いをすることはないですか?

まあ そういう方たちは 端からご自分の言ったことも都合よく忘れて 恥じることもしらないのだろう・・・ 

言われた方は絶対に忘れない! と思うけどね・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

 

良いことも いろんな方が沢山発信してくださって こんな方がこんな風に思ってくれるのか

と 嬉しくなることも沢山々々有ったけれど

嫌な意見も沢山 目から耳から入ってきた

いちばん悲しいと思ったのは ジュリーのステージを観て聴いた上で 手抜きだと言っていた人がいた という記事を読んだこと

あのステージを体感して どうしてそんなことを思えるのだろう?

ステージに二人しかいなかった 機材が一個と楽器が一つしかなかった 

だから手抜き と・・・ 

この方は 感受性がマヒしてるか 壊れてしまった人なのか?

楽器演奏者が沢山いたら 機材が沢山置かれていたら 手抜きじゃないとでも?

これまでに見てきたステージ上のジュリーが 手抜きなどしている姿を一度も見たことがない

人の気持ちをわからない観客や わざと逆なでするような マナーもなにもない観客に怒ることは有っても

”手抜き”をしたことなどない 少なくとも 私は見たことがないです!   

それを感じ取れないのは その方の感性の問題なのでは?

 

あるアイドル歌手の方は 自分たちは お客さんが第一

そういう風に 教えられてきた ドタキャンなど 考えられない というようなことを言ってた

教えられたら それが全て正しいと思って疑わないのですね? 

自分で考えることを放棄しているのですか?

躾の良いペットのように 世の中のルールを教えられ 素直に従い 

今もそのまま アイドルのままのあなたと

ブレながらも 揺れながらも 迷い悩みながらも 自分の考えで行動し

自分のしたことをしっかりと受け止め 責任も自分が負う

一筋縄ではいかないが ロックンローラーな人と 

素直な子供のころから 誰かに育て上げられたままのアイドルとは 根本的に違うのです

比べることはできません どちらが良いとは言いません

私は 自分の頭で考える人の方に魅力を感じます 

お仕着せではない自分を持っている人に信頼が持てるのです

会場の前で引き返さざるをえなかった7000人の方たちのことを

ジュリーが考えなかったわけがない

自分が中止したことの影響を 最悪の事態を 考えない人ではない

それでも うやむやに なし崩しにLIVEを開催する とはならない できないことが有ったのでしょう

長年のファンは その懊悩を その矜持を 気持ちを理解しているから 

人それぞれに受け止めて 自分たちの中で消化したり 納得したりして 解決している

沢田研二という人のひととなりを よくも知らない人たちに 

ファンの代理のような顔をして非難をして欲しくない

知らないなら 同情するフリなどせず 黙って俯瞰していて欲しい

当日行かれた方の中には ショックを引きずったままの方がいらっしゃるかもしれない

もしも非難してもいい人がいるとすれば そういう方たちだけだと思う 

 

ジュリーファンは 宗教の信者のようだ と評している記事も目にした

ジュリーファンは そんな盲目的なファンではないです

ジュリーが どういう性格でどれだけ厄介な人かww ちゃんと見ている

その上で その憎めない人柄を愛しているだけ

決して 教祖のように奉っているわけじゃない 

ハラハラして眼が離せない肉親のように 

愛おしい弟のように(たとえ自分の方が年下だとしてもww)愛しているだけ

人の心の襞を敏感に感じ取る 繊細な心の持ち主でありながら

信念を曲げない 並外れた頑固さ その複雑な性格を愛している

嘘も方便 などという 狡猾さも持ち合わせていない 正直さを愛している

そして 何よりも そのLIVEの素晴らしさに魅了されている

その声と その表現力と 全力を投じたステージ上の姿 を魅せてくれるジュリーから 眼が離せないだけ  

それのどこに 宗教のような要素がありますか? そういう考え方 理解できません 

 

今回のことは 甘えだ!と断罪する人もいらっしゃるが

だから 甘えさせていただいたと言ってるじゃない?  

ジュリーファンの多くは ジュリーとファンとは対等な関係だと思っている と 私は思う

どちらかが神様なわけじゃない

お客様は神様ではないし ステージ上のスターが神様でもない

どちらかが一方的に奉仕するわけじゃない

お金を払って観に来ていただいてるのだから お客様の方が上の立場で

サービスを提供されなければならないという考えの人もいるかもしれないが

お客様が望むなら ヒット曲ばかりの構成にする という人もいるかもしれないが

長年培ってきたジュリーとファンとの関係は そういうものではない

ジュリーは 全力のパフォーマンスで魅せてくれるし

ファンは ステージ上の人が心地良く歌い演奏できる環境を作って より良いステージを観ようとする

お互い様の関係なのだと思う

そういうファンへの信頼が有るからこそ 

ジュリーは 甘えさせていただいた と言えたのだと思う

世間に甘えたのではない 

自分の思うところを理解しているファンに甘えたのだ と思う

 

もしかしたら そういう私の私見は ジュリーにとってはピントがずれてるところがあるかもしれない・・・

そこはちょっと違うよ  と思うファンの方もいらっしゃるかもしれない 

とは思うけれど・・・

ムッとしたことを溜め込んで お腹の中に納めて言わずにいたら 

モヤモヤが膨らんでしまう・・・

だからちょっとだけ 言わせてもらうことにしました

いろいろ考え方の違いはあるかもですが 

耳障りな言葉も ピント外れなことも有るかもしれませんが 

自分のブログだし  今回は甘えさせていただきましたconfident

 

 

そんなこんなで いろいろ抱え込んで思考が混乱中に    

故郷 北九州の アルモニーサンク ソレイユ のチケットが妹のところに到着しましたnote

夢のような席番sign01shine

事務仕事も先が見えてきたし 

私の曇り空も いっきに晴れ間から明るい陽射しが輝きを見せてくれたような気分

夢では有りませんようにsign01幻では有りませんようにsign01 

毎日 頬をつねるような気分で 当日を待っていますww 

 

2018年10月23日 (火)

ジュリーのCD!

デイリー新潮 の今日のネット記事に 

2012年 3月11日以降に発売された ジュリーのミニアルバムの紹介記事が有りましたnote

沢田研二の「脱原発」と「被災地への思い」、毎年3.11に新アルバムを発売

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10231130/

 

これを読んだ人たちが CD買ってみたいと思ってくれたらいいなcd

素晴らしい曲がいっぱい有るのに インディーズのような状態での発売だから

世の中の多くの人の耳には届いていないだろうな と 

いつも残念な思いでいたのですが

ジュリーは今も 51年前からずっと変わらず 粛々と活動を続けていることが 

図らずも 今回の出来事で世間に周知されることになりましたね

そういうことになったからには

この際 CDも 世の中の皆さんに聴いてみて欲しいshinecdshine

バラード有り ロック有り 

泣ける曲も ステージで一緒に手拍子をしたくなるような曲も

ジュリーの想いが詰まってます

一度聴いてみてや~cd 気に入ったら買ってや~cd 

なんてねcoldsweats01

    
  
私ごときが勝手に宣伝文句を叫んでも 

井戸の底から叫んでいるくらいにしか届かないcoldsweats01sweat01

と思っておりますところに

 
  
タイムリーに CD紹介してくださる記事を掲載してくださったsign01 

デイリー新潮  週刊新潮WEB取材班 の方々に感謝いたしますsign01m(_ _)m

2018年10月22日 (月)

SAYAKAホール

決して忘れることのできないLIVEが またひとつshine

今もまだ 思い出すと涙が溢れてきてしまいます・・・

温かい拍手と ジュリーコールに包まれた 昨日のSAYAKAホール

一生 忘れられないLIVEになりました

私も SAYAKAホールにたどり着くまでに 今回のLIVEにいらっしゃれない方から

「私の分まで拍手してきてね!」 というお願いを いくつも受け取りました

その方たちの分も きっと届いてる

そう思える拍手の嵐でした

 

 

案じた通り 会場の周りでは マスコミの方たちが待ち構えていました

駅からのルートとは違う 人通りの少ない側でも 写真のような状態

駅からの短い距離の道路上でも 待ち構えていらっしゃって 

インタビューいいですか?と・・・

そのうちのお一人に

「ごめんなさい ジュリーが怒るからダメ」 と J友さんと二人で 冗談のつもりで言ったら

「ジュリー 怒るんですか?!」と 食い下がってこられてcoldsweats02

「怒られはしません! 怒られないよ~ でも ごめんね~」 と逃げましたsweat01

うっかりしたことは言えませんね  

言葉尻をとらえられて ジュリーに迷惑を掛けたら大変だsweat01  

   

会場の入り口に 「満員御礼 当日券はありません」と表示されていましたnote 

もうすぐ開始です お席におつきください の合図の

ブザーが鳴っただけで 会場に拍手が起こりました

 

オープニング カズさんと二人の映像が映し出されたスクリーンが上がり 

ジュリーが登場した時

いつもは 曲が始まるとともにスタンディングする客席が

昨日は登場と同時にスタンディングする人がたくさんいらっしゃいました

もちろん 私もup

 

昨日の席は 4列目だったので ジュリーの表情が良く見えました

ステージに立つ前のジュリーが どんな思いでいらっしゃったのか

想像ができる表情 にみえました

登場前から拍手の音を 袖で聞いていらっしゃって 

登場してからの 熱い拍手の嵐に どんな想いでいらっしゃったことか

いつものお顔とは やはり違っていました

「カサブランカ・ダンディ」の途中 ジュリーは涙ぐんでいるようにも見えました

聴く側も 泣きそうでした

 

毎回のセトリ通りなのに 昨日の 「カサブランカ・ダンディ」 の歌詞は

特別の歌詞に聴こえ

2曲目の 「彼女はデリケート」 も 「お前なら」 も  「風は知らない」 も

「ヤマトより愛をこめて」 も・・・

まるで今回のようなことが有ることを予感していたような選曲

その他も「ROCK 'N' ROLLMARCH」 も「マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!」も

全ての曲に ジュリーの想いが いっぱいに詰まっていることを

改めて ビンビンと感じながら 聴きました

 

ワイドショーは 正しい情報ばかりではないと 今度のことで身をもって感じます

2曲目が終わって 普段はしないMCをした?

普段から 2曲終わった時点で 短いけれどご挨拶のMCが有るわ!

「まいど おいど」 を いつも最後にやる?

いつも 最初のご挨拶の時や! しかも 関西圏だけや!

70歳にもなって 66公演もお客が入るわけない 無謀だ ? 

毎年それに近い数字でやっていらっしゃって ほぼ満席に近い状態を保っていらっしゃるんや!

時計を トントン叩いたら アンコールは無し の合図です?

そんなの 聞いたことないわ~ 

そろそろ終わります ということなのは確かにそうだけど 

アンコールなしよ というメッセージだったの~? そんなん知らん知らん!

満席じゃないとやらないのか? 1000人のところで999人だったらやらないのか?

といった人もいたけれど

そんなこと 一言も言ってないでしょ! 

メインの司会者なのに 読解力とか 聴き取る能力がないのか!

などと 激しく突っ込みながら聞いています(^-^;

あっbearing

あまりにも 嘘ばっかり! と思って ついつい脱線して 暴言を吐いてしまいましたcoldsweats01sweat01

ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

 

さて 肝心のMCです

4列目ということも有り ジュリーのお顔をしっかり見ながらお話を聞きたいと思い

メモを取ったりしなかったら ほとんど何も覚えられず

私より若いJ友さまに おんぶにだっこで教えて頂こうと思ったのですが

各番組こぞって 昨日のMCを フィリップで紹介していました

だから 姑息な手段なのですがcoldsweats01

テレビ画面を切り取らせていただいて 貼り付けさせていただきました  

それにしても ここまで細かく聞き取れたものですね  さすが マスコミの人・・・

 

「ごめんね」 は 会場があまりにも重苦しい雰囲気になり過ぎないよう 

フッと (息抜きしてください) というような 可愛い言い方でした

文章にすれば 前もって考えてきたことを すらすらと話しているようにも見えますが

そうではなく ゆっくりと 一語一語 考えてかみしめるように 

どちらかと言えば 訥々とお話してくれた言葉です

私もですが 周囲の四方八方から すすり泣く声が聞こえていました

ジュリーは 一からやり直すつもりで とおっしゃっていました

あのスーパースターと言われたジュリーが

一からやり直すつもりで と・・・

終わりに 

今日 話したことは 

 ほんとうは 

さいたまスーパーアリーナにお越しいただいたお客様にお話しすることかもしれませんが

それは 叶いません    

ごめんなさい

と 深く深くお辞儀をしながら 謝っていらっしゃいました

私たちに向かっても

「今日 この話を聞いて下さって嬉しいです」と 感謝の言葉をおっしゃってくれました

 

ほんとうは 会場内で起きたことは会場内だけに収めて という 

普段のジュリーの方針に従いたいとも思うのですが

今回に関しては SAYAKAホールにいた私たちではなく 

さいたまスーパーアリーナにいらっしゃった方々に聞いていただくべきことを

代理で聴かせていただいたように思います

テレビの報道を切り取るような姑息な手段を使ってまで 

ブログに書く必要が有るか? とも考えましたが

報道を見ていらっしゃらないキャンセルされた当事者の方々に

このジュリーの気持ちを お伝えしたく 記事にしました

ジュリーの言葉は ナレーターが すらすらと 高らかに読み上げていたような感じではなく

真心のこもった やわらかな優しい声でのお詫びでした

会場内の皆さんの 拍手の大きさ いつもの何倍ものジュリーコールが

ジュリーの気持ちに賛同し 応えていたと思います

 

最後に カズさんを 再度紹介 大きな大きな拍手 

そして いつも通りの 「ジジイでした」 に ものすごい数の「ジュリー~~~!」の声

応えるジュリーの表情に また 笑い泣きww

いつになく 名残惜しそうに ゆっくりと カズさんと去っていきながら

立ち止まって なんと!

会場の全員に向かって 投げキッスkissmarkshine をしてくれたのですsign03

キャ~~~~~happy02happy02happy02happy02happy02heart04heart04heart04heart04heart04

という声が 会場中に響きました

またまた 周りの皆さんの眼に 涙涙涙cryingheart02cryingheart02cryingheart01

温かい拍手に ちゃんとジュリーの言葉に聴き入ってくれた観客の皆さんに

お礼のKisskissmarkでしょうか?

一生の宝物にしますsign01kissmarkshine

 

三人だけのミニミニオフ会をご一緒したお二人も 

今日はとっても幸せそうなお顔でしたね

ジュリーの投げキッス 脳に刻み込んで 

今日から また次にジュリーに逢える日までを頑張ろうsign01

 

追記: 代替え公演?の日程のこともおっしゃっていました

1月5日 大宮ソニックシティ

2月7日      〃

ということです

2月7日は 武道館ファイナルの後になりますが その日程しか取れなかったようです

チケットは どういう売り方になるのでしょうか?

さいたまスーパーアリーナに行かれるはずだった方の意向が優先だとは思いますが

詳細が オフィシャルに載るのを待ちます

2018年10月20日 (土)

美しい人

意地 

あなたが あなたである元素のような言葉  

ずっとあなたを見続けてきた人たちは

その言葉に大きく納得しただろうと思います  

ジュリーはやっぱりジュリーだ と 頷いただろうと

 

 

 

自宅前に押し寄せていたであろうマスコミの方々の前に

正装で出て来られたジュリー

 

今回のことを深く考え続けただろう時間 

自分の気持ちがかたまるまでの時間 

マスコミ というより 

今回埼玉アリーナに足を運んだ方々に

どのように気持ちを伝えるのがよいかと考え続けた時間が

その姿に表れているように感じました 

 

率直に 真摯に 正直な言葉で 自分を飾らず 

やわらかな口調で話すジュリーの姿を見て

私の不安も恐れも すーっと消えていきました

 

これから 沢田研二 という文字がワイドショーに溢れ マスコミに揉みくちゃにされ 

普段ジュリーがどんな人か知りもしない人たちが 様々なことを言い散らすのだろうか

と思いめぐらし 重い気持ちでいたのですが

ジュリーの落ち着いた姿を見 言葉を聴いて 私の心も落ち着きました

 

ジュリーは 誰に頼ることもなく 一人で対応しました 

ほんとうに潔い人です 美しい人です

後は 何を言われようと 私は変わらずジュリーという人について行くだけ

嵐が過ぎ去るのを待てばいい と 私の心も定まりました

おかげで 17日の夜は 何が有ったか判らず 悶々と転々として眠れなかったのに

18日の夜は安心して眠りにつけました

 

ただ

当日 楽しみに出かけて行った方のことを思うと 

もっと早い段階でどうにかならなかったのかと思わずにはいられない

仕事や家庭の事情や身体の不具合や

諸々の万障を繰り合わせて やっとこの日を迎えた方もいらっしゃっただろう

普段はこの日のために節約し 安くはないチケットを買い 服や靴を新調して 散財して出かけた方もいらっしゃっただろう 

新幹線や飛行機のチケットを買い ホテルを予約して 遠方から来られた方も沢山いらっしゃったはず

泣きながら帰ったという方もいらっしゃる

そういう方たちの今の心境を思うと なぜ このタイミングになってしまったのか

と 思わざるをえない

もっと早い段階で 三者で話し合っていて欲しかった・・・

ジュリーの気性を知っているはずの方々が近くにいながら こういう事態が起きたことは

今後 決して忘れないで欲しい

これからは 土壇場でキャンセルは 二度とないと信じたい

ジュリーも心を込めて謝っていらっしゃった

二度と同じ状況で ジュリーが謝る事態を作らないで欲しい

 

J友さまが 翌日の帰りの新幹線の中から 

何が有ったのかわからないまま帰路につく 複雑な心境をLINEしてくださいました

とても疲れた と言いながらも 

ひたすらジュリーの心配をして・・・

慣れないホテルの部屋のベッドで たぶん私と同じく転々としていらっしゃったのではないでしょうか? 

ジュリーファンは こんな思いをしながらも 

自分の大変さよりジュリーの心配をする

そういうファンが たくさんたくさんいるのがジュリーの人間性を表していると 改めて思う

だからこそ ジュリーからも

今回は甘えさせてもらいました という言葉が出てくる

私たちは理解している 

どうぞ 自分の信念を曲げないで 意地を通して下さいと言える

 

ファンではないのに 今回来てくれた方たちはどうか・・・

いつもジュリーは言っていた ビビッドな反応が欲しいと 

ファンではない人が LIVEに来てくれることを ジュリーはいつも喜んでいた

それなのに その方たちの感情を踏みにじったかもしれないことを

ジュリーは悔いていらっしゃるようだった・・・

自分でチャンスをつぶしたなと・・・

少しでも 取り戻せるように できるだけのことをしたい 

ジュリーが 少しでも後悔の気持ちを抱く事態が もう起きないで と願います

 

できれば もう そっとしておいて欲しいけれど

しばらくは マスコミの喧喧囂囂の嵐が過ぎ去るのを じっと待つしかないでしょうか

どの番組でも 大きな話題として扱われているけれど 

責めるばかりの方が多くないのが以外でした

ジュリーの姿を見て 真摯に正直に話す言葉を聴けば 

気持ちは通じるものなのか! 

と 少しマスコミや そこに携わる方たちを見直す機会になりましたww

 

 

取材を終え 坂道を下りていくジュリーの背中 

歩き方も 古希の年齢の人になりました

でも その姿が 美しいな と感じました

若い頃の 光り輝き 眩しいほどの美しさ も素敵でしたが

今のジュリーも美しいな と 

佇まいに その人の品格が見える 

人としての美しさが オーラのようにジュリーを包んで光らせているように見えました

 

ファンの欲目?か 老眼か? 

テレビを見た ファンではない知人が 

「最近のジュリーも綺麗なんですね!

いろいろうわさに聞いてたから どんなになってるんだろうと思ってたけど

さすがスター!って思いました!」

って 言われたから ファンの欲目でも 老眼でもないと思うのですが~coldsweats01sweat01  

 

2018年10月18日 (木)

・・・

昨夜 久々に 赤い上弦の月をみました 

その月の下 誰かが深夜の公園でギターを弾いていました

どこの誰とも知らない その人のギターの音色がもの悲しくて

なぜか 心に残って・・・

 

昨日夕方 アリーナ前の張り紙の写真を添付されたメールをいただいてから

何をするのも上の空の状態です

昨夜は ベッドの上でうとうとしては目覚めることを繰り返し・・・

何が起こっているのだろう と

今 ジュリーファンのほとんどの皆さんが それぞれ考え方は違っていたとしても

心をかき乱されていらっしゃるのだろうな・・・

 

それ以上に ジュリーがどんな想いをしていらっしゃるか

想像もできない 

苦しくて辛い

 

普段は顧みもしないマスコミが いっせいに取り上げているのも なんだか釈然としない

じっとしていられないので

心の内を 吐き出してしまいました

 

どうかジュリーが 早く幸せな状態に戻りますように

どうぞファンの心が 早く穏やかになりますように 

«涙ぽろぽろ