フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

2018年2月 5日 (月)

恋人よわれに帰れ~シネ・ヌーヴォ 

大林宣彦映画祭が 大阪シネヌーヴォ九条で有り

「恋人よわれに帰れ LOVER COMEBACK TO ME」 

も上映されるというのをネットで知り

どうしようかなぁ… と ぐずぐず迷っていたところに 

「こんなの有るけど行かないのですか?」 と J友さんからメールをいただきました

昔 TVで放映された時のか 再放送された時のだったか 

なんとなく HAPPY END ではない悲しいストーリーだったことを覚えていたので

どうしようかなぁ… と迷っていたのですが 

私の優柔不断ストップを後押ししてくれるようなメールのおかげで 

やっぱり行こう!という気になり 時間が調整できるJ友さんと3人で行ってきましたnote

大林さん 生誕80年なのですね!ジュリーと10歳違いなのか!

 

「恋人よわれに帰れ」の上映は 2月3日15時 と 2月6日20時40分からの2回しかないので

きっと 昼間の上映の3日はジュリーファンでいっぱいになる予感

そう思って 少し早目の13時に整理券を貰いに行きました

と言いながら 私は遅刻してしまい J友さんが貰っておいてくださったんですがcoldsweats01

番号は40番~42番 私たちの前に39人も来たってこと?みなさん早い~!

館内には 整理券の順に呼ばれて中に入り 

席は 番号の早い人から順に好きなところを選んで座る方式

写真に有るような普通の赤い座席では足りず 

補助のパイプ椅子がサイドの通路にずらっと並んで 満席ですnote 

残念ながら この作品については上の写真の赤線の部分の1行しか表示がなく 

作品自体のパンフレットもないので

シネヌーヴォさまのHPからお借りして貼っておきます

☟☟☟

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

http://www.cinenouveau.com/sakuhin/obayashi/obayashisakuhin.html

>恋人よ われに帰れ LOVER COMEBACK TO ME<TV作品>

恋人よ われに帰れ LOVER COMEBACK TO ME<TV作品>

1983年/フジテレビ・テレパック/デジタル/95分◎特別上映
  監督:大林宣彦/脚本:早坂暁/撮影:江本隆/音楽:前田憲男
  出演:沢田研二、大竹しのぶ、泉谷しげる、風吹ジュン、財津一郎、小川真由美、トロイ・ドナヒュー

◆早坂曉脚本、沢田研二主演で描くTVドラマ。終戦直後の広島。日系米兵のケン(沢田)は原爆症のケイ子(大竹)と出会い愛し合うが…。戦争をリアルではなく描こうとするその後の戦争三部作の原点。美しく描くことで、逆に惨劇の恐ろしさを浮かび上がらせている。沢田の歌もご愛嬌。

  *本作はTV作品のため、途中CM該当部分に黒味が入るのと、素材の入替えがありますことを予めご了承ください。<

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 
   
 
ジュリーの歌声が美しくて 涙がこぼれそうでした

テーマの底に流れるのは 

原爆 収容所 朝鮮戦争 脱走兵 ヤミ市・・・ 

どれをとっても 今も考え続けなくてはいけない戦争が引き起こす悲劇

ジュリー演じるケンも 恋人のケイコも

久しぶりに見たトロイ・ドナヒュー演じる米兵も 恋人のナオミも 

最後にみんな亡くなってしまう悲しいエンディング

エンドロールのバックに映る原爆の恐ろしいキノコ雲

ジュリーの美しい歌声だけが 救い

 

大林さんの作品は 尾道三部作など 好きな作品が多いけれど

この作品 なぜ脱走したケンが ずっと米兵の服を着たままなのか?

逃げるなら軍服は脱いだ方がいいよね? とか

原爆で踊れなくなったはずのナオミが 恋人のトロイ・ドナヒューから逃れようとする時

どうして全速力で走れるの? とか

細かな部分に引っかかってしまい 最後クライマックスに泣けずに終わってしまいcoldsweats01

エンドロールのジュリーの歌声を聴いて やっと涙がにじんできました

 

とはいえ 大きなスクリーンで観るジュリーは やっぱり素敵でした~lovelyheart04

「今度また ここでジュリーの映画が有ったら観に来ようねsign01」 ってお二人と約束

      

そうそう 3日は節分

夕食用に丸かぶりの太巻きを買って 満ち足りた気分で帰宅しましたnote   

2018年2月 1日 (木)

今夜の月は

今夜は スーパー・ブルー・ブラッドムーン 

という 満月の日の珍しい現象が重なった 貴重な天体ショーの夜
   

家人を迎えに行った駅の側で信号待ち中 

フロントガラス越しに見えた大きな満月

信号機のライトより大きい満月です! 

スーパームーン と呼ぶにふさわしい 大きなお月様でした


  

ブルームーンというのは ひと月に2回満月が見られる時の呼び名

だそうですね   初めて知ったcoldsweats01

今年は 1月2日?と 31日が満月
  
  

この辺りは 夕方 薄い雲が広がっていて 

もしかしたら皆既月食は見られないかと思っていたけれど

雲に霞みながらも ちゃんと観ることができました


   
少しずつ欠け始めた月食が 完全に欠け終えたら
 

幻想的な赤い月が現れました
   
スマホの写真では いくらの粒 みたいだけどcoldsweats01sweat01
    
ちゃんと 赤銅色のブラッドムーン を観ることができました
      
静かな赤い月を見ていると 「泣きべそなブラッド・ムーン」 の曲が思い出されます
    
ジュリーの歌詞が胸に深く食い入り 泰輝さんのメロディーが 悲しくも美しい  
      
とても好きな曲です
 
     
      

      
ジュリーも どこかで ブラッドムーン 観てるかな?

泰輝さんも 泣きべそなブラッド・ムーン のメロディ 思い出してるかな?

などと思いながら しばらくの間 一人 

凍えるほど冷たい真冬のベランダで 貴重な天体ショーに見入った夜でした  

 

 

2018年1月23日 (火)

フェス ヒソヒソ話?(^^;

フェスティバルホールの2daysから もう1週間たってしまったんですね

まだまだ 私の中では 毎朝 目覚めると LIVEの曲が脳内再生されてますnotes

いちばん回数多く登場するのは 「CHANCE」happy02heart02

今朝は 「ヤマトより愛をこめて」 でしたconfidentshine

 

いつもレポしてくださってたKさんから 今回は感想文をいただきました

心に留めておきたい 忘れてはいけない23年前の出来事も教えて頂きました

関西の方はみんな 多かれ少なかれ 

1月17日になると 忘れられない記憶が呼び覚まされます

転載させていただきます

--------------------------------

―フェス連チャン!ヒソヒソ話?(^^;―
  
早いもので、フェス連チャンから一週間が経ちましたsign01

ジュリーの『50周年記念LIVE』も、余すところNHKの2公演のみとなりましたネsign01
  
終わってみれば、あっという間でしたが・・ジュリーにとっては長かったのでしょうか?短かったのでしょうか?
   
途中風邪を引かれたようでしたが、何年か前のようにひどくなられた様子もなく、
  
この長丁場を無事に乗り切られて本当に良かったです(^^)
  
ジュリー❣お疲れさまでしたsign01
   
そして、
ジュリー❣ありがとうheart04
   
少し早いですが、遠く浪速の空から叫びた〜〜いhappy01

関東地方は昨日から大雪∑(゚Д゚)テレビを見てビックリです‼ジュリーの住む近くも雪景色でしょうか⁉
   
でも、NHKの2日間は寒いけれど雪は降らない予報ですね!つくづくジュリーは・・持ってる人やなぁ〜・・と、思います(^^)
   
フェス一日目のジュリーは、終始超ご機嫌さんで♫ 最後のMCは、見どころ・聴きどころ満載でしたねhappy01
   
今回も一応ノートとペンを子供のように首からぶら下げてはいたのですが🗒🖋結局、使用せずでしたsweat01
  
そんな中印象に残ったのは、大爆笑のMCでは
  
「ワイは頑張ったんや!」
  
「ここで頑張らな、どないすんねん! ちゅうぐらい頑張ったんや!」
   
「やるときはやるおじいちゃんなんや!」
   
「なんで巻き舌になってんねん!」

  
「ワイ」 は、わざと仰ったのは分かるのですが・・
  
ステージ上での「オレ」が、ジュリーの素を垣間見たような気がして^_^何故かドキッとしてしまいましたcoldsweats01
   
(個人的に『わたし』より『オレ』が好みですlovely)
  

「まいど!」は、初日は忘れたのだと思っていました!
   
でも、二日目の黙祷で『阪神淡路大震災』のことがあるから、敢えて言わなかったんやね!と・・aijuさん同様納得しました。
    
私は16日の時点で翌日が大震災の日であることを忘れていましたsweat01
   
神戸の人たち程ではないけれど、あんなに恐い思いをしたのに・・ジュリーが口にした時、そんな自分を恥じましたweep
  
3.11の新曲発売と言い・・ ジュリーは、いつも忘れかけていたことを思い出させてくれますね!
    
  
フェス一日目は、今までで最高の5名で参加でした!
   
人生初の生ジュリー参戦の友人(男性)の奥様の実家は、神戸市長田区にあって、
  
当初震災による被害はひどくなかったそうです。
   
そのためお義父さまは、被害が甚大だった所へ救助に向かわれました。
   
その後、帰宅された時に目にされたのは・・無残に焼け、跡形もなくなった我が家でした。
   
その光景になすすべも無く、何時間もただ茫然と立ち尽くすしかなかった・・weep
   
家も仕事も・・思い出の品も失ったお義父さまでしたが、
   
今は76歳になられてお孫さん8人に囲まれ👦👶 元気に過ごされてると・・^_^
  
ライブ後の打ち上げで、初めて話してくれました。
  
次の日の黙祷の話をメールで伝えると、
   
「ホンマに有り難い。ジュリーを見る目が変わったわ。ありがとう。ありがとう。」
   
との返信が・・。その文字は、感謝で泣いているように見えました。
  

 

 

フェス二日目は当初参加予定がなく、急遽一般で購入したため3階2列(ほぼセンター)でした!
  
前の日は、頑張るジュリーの姿に涙weepジュリーの50年、自分自身の50年を思っては又涙sweat02最初から涙sweat02weepcryingでした。
  
隣の友人に、ライブ後

「僕のマリーで、もう泣いてた」

「コバルトでも・・泣いてた」

「ほとんど・・泣いてた」

そう言われた私(o^^o)

ホンマのことやけどsweat01もっと、ジュリーに集中せーよbearingと、言いたかったcoldsweats01
   
あれ?私が邪魔をしてたのか?な??

と、まぁ・・そんな具合いでしたが、二日目は綺麗な照明を堪能しshineshine💫
   
双眼鏡でジュリーをガン見しlovely 周りに合わせ、ずっと座っておりました!
  
途中、立ちたくて・・立ちたくてcoldsweats01 でも、ジッと我慢の子でしたcoldsweats02
  
『シーサイドバウンド』で、立ちたい気持ちはマックスに‼
  
すると、私の2つ隣の縦も横もすんごく大きな男性が突然スタンディングeyesign01
  
エーーーッwobbly 絶対座れコールが起きるよsweat01 と思っていましたが、何事もなく・・
  
それまでも、コソッと後ろを振り向いて見てみたら・・かなりの段差があるので大丈夫かな?とは思いながらも、
  
なかなか勇気がなく、お尻モゾモゾでしたsign01
  
でも、すぐに立つのも憚られcoldsweats01 躊躇していましたが『サーモスタットな夏』で、もう我慢も限界!!!
  
と言うことで、同伴の知人に
   
「立つよ〜〜〜!」
   
と断り、ようやくスタンディングdenimup
  
『そのキスが欲しい』までの短い間でしたが、ジャンプもし〜いの💃踊り〜の🕺あぁ!楽しいnotes
  
ふと見れば、他にもチラホラとスタンディングの方が(^^) みんな遠慮してたのね^_^

最後に、あんな重大発表があってwobbly 
  
この日涙はなかったのに・・『いくつかの場面』では、涙が止まらなくなってcrying 
  
最後、双眼鏡でジュリーを追いかけることも忘れ・・泣いていましたcrying
  
なので、ジュリーがハケて行った様子も覚えていなくて・・(残念coldsweats02)
  
今は、ジュリーもまだまだ発展途上❗ 
   
私たちは、それに着いて行くしかないのだと思っていますconfident(でも、やっぱり寂しいですねthink)

古希ジュリーは、どんなんかなぁ〜happy01
  
それを楽しみにnote これからも、お互い頑張りましょうネsign01
   

--------------------------------

Kさん ありがとう~note

「ジュリーの ワイは頑張ったんや!」 は ジュリーが

死に物狂いで戦ってきた姿 血を吐くほど苦しい想いをしている姿が想像できるほど

ほんとに どれだけ頑張ったのかがうかがえる言葉でしたね

心の中で よしよし よく頑張ったね! って言いながら 

子供のケンちゃんを抱きしめて 頭を撫でたくなってしまいましたcoldsweats01
  

  
2日目のランチの時 お逢いしたJ友さんたちから それぞれの1月17日の体験を教えて頂きました

みんな 昨日のことのように覚えているそれぞれの体験がありました

今も割り切れない想いでいる方がいらっしゃることと思います と ジュリーも言われていましたね

そのままの体験をすることはできませんが そっと黙って側にいることはできる

心に寄り添うことはできるかも知れません

ジュリーはいつもそういう新曲を届けてくれていますね

 

Kさん NHKの千秋楽 思い切り楽しんで しっかり見届けてきてくださいね!

内内でLIVEの内容教えて頂けるのを 楽しみにしていま~すhappy01heart04  

2018年1月18日 (木)

50周年記念LIVE~大阪ファイナル☆ミ

フェスティバルホール  2days が終わってしまいました

50周年記念LIVE~大阪ファイナル☆ミ

濃い恋い暑い熱い 二度とない きっといつまでも記憶に残るであろう 2日間でした

あらためて  ジュリーと 依知川さん GRACEさん 泰輝さん 和さんに

ありがとうございました  ほんとうにお疲れ様でした 
   
の言葉をお届けしたい

 

 

1日目は 1階 後から4列目の下手サイド 

ステージの全容が俯瞰できるようなお席でした

いつもなら遠慮してほとんど見られない双眼鏡で 遠くのジュリーのお顔を見ていると

若い頃のままのジュリーの顔に見えるのです

刻んだ年輪の 歳相応のしわが見えない お髭も顔色と一体化して見えない

その上 最近はどんどんシュッとなっていっていらっしゃるから

表情は若いジュリーのままeyesign01 後方席の魔法ですshine

1月17日の阪神大震災の前日ということに配慮されたのか 恒例の毎度おいどは無しでした

一曲ごとに魂を込められているように感じて 

こちらも全身で受けとめて 幸せな幸せな時間

      
毎回感じてたんですが 

アリフライラ~ STEPPIN’STONES  CHANCE の3曲は

セ○シーというか エ○いというか(笑)

70近いおじいさんとは思えないジュリーに悩殺されて メロメロになってしまいますhappy02heart04heart04

古希でも 絶対に選曲に エロック 悩殺曲 を入れて欲しいcoldsweats01 

シーサイドバウンド からの後半の盛り上がり曲 

シーサイドバウンド のこの時ばかりは 

遠慮なく ジュリ~~~ッ!!! と叫ばせていただきましたが

愛まで待てない

会場のあちこちから ギャ~~~ッ!という歓声がものすごくて 

一緒に叫びたいけど気おくれしてしまって 今回もできませんでしたcoldsweats01

ROCK 'N' ROLLMARCH で

こちらもテンションがマックスに上がってきてるところに 

そのキスがほしい 

畳みかけるように高速で走り抜けたかと思うと

一瞬に場面転換をするような静かに深いバラードが 胸の奥まで沁みとおる 

ジュリーの魅力満載の50曲

MCも 楽しく いっぱいの笑いを誘いながら 関西弁を交えながら 

50年の紆余曲折を語っていただきました

フェスティバルホール1日目は ちょっと?かなり? テンション高めのジュリー様でしたhappy02 

会場からも変な掛け声は 全くなかったと思います 

後ろ過ぎて 前の方のことまではわかりませんがcoldsweats01

あっと言う間に2時間余が過ぎてしまった感じ

 

 

 

2日目 50周年記念LIVEも 私にとってはこれがファイナル

前日に引き続き いつもは塞がれているオーケストラピットを解放し客席に変更されるということで

本来のセンターブロック10列席を 手書きで5列に変更していただけました

今回のツアーのフェスではサイド席ばかりでしたが 

幸運にも この日はセンターブロックだったので 変更対象になっていて5列前進

オケピ分だけ ジュリーに近くなりました

サイド席はそのままとかで サイド席の方に申し訳ない気持ちですが

こんな貴重な体験は もう何度もあることではないので 有難く受け止めました

50周年記念LIVE~大阪ファイナル☆ミ

暗転してスクリーンが降りてきて 

という場面は もう何度か体験していることなのに

前日のジュリーの 「良い時ばかりでは有りませんでした」 というMCを思い出し 

まだジュリーがケンちゃんだったころの最初の映像を見た時点から

もう ウルウルしてしまい

I 'll Been Loving You Too Long の曲と共に

ジュリーの紆余曲折 栄光と苦悩の半生を想い 涙が滲みました

 

最初のご挨拶では この日が 23年目の1月17日に当たるので

観客の皆さんと共に 23秒間の黙祷を捧げました  

 

どの曲にも1曲1曲 私なりの思い出がよみがえり 終始涙目(笑)

ソロになってから しばらく一番好きだったのは 「許されない愛」でした

聴く度に まるでジュリーがそんな苦しい恋をしているかのように思わされて

切なくて胸が締め付けられそうでした

「君をのせて」が 忘れられない大切な曲になったのは 発売からずっと後の

’75年くらいのことでした

LIVEで聴いていた曲も LIVEから遠のいていた時期に発売された曲も

曲と共に 私の人生も重なって思い出されて・・・ 全てが愛おしい・・・

50周年の企画は ほんとうに嬉しい記念のLIVEになりました
  
  

MCの最後に 「皆様のおかげです ありがとうございます」 という言葉が 

間近な席のせいか いつも以上にもっともっと心に響き 

ほんとうに心からの感謝の言葉だなと ウルウルした途端

爆弾のような驚きの発表が有りました

客席の皆さんの表情がどんなだったか・・・ 

ジュリーの表情を見ていたら想像がつきました

「私もまだ 冒険がしたいのです」 と 心苦しそうな表情で言われました

そのMC後 「いくつかの場面」を聴きながら 私の顔はくしゃくしゃに歪み 

お化粧が取れるsweat01 と思いながらも 涙を止めることができなくて 

声が出そうなくらいオイオイ泣いてしまいました

この発表は フェスティバルホールが初めてだったので

NHKに行かれる皆さまは ジュリーの生の言葉で聞かれた方が良いと思い 

この場ではお伝えいたしません 

会場から出てお逢いしたJ友の皆さんも 驚きと困惑で戦々恐々としていらっしゃいました

ジュリーは まだまだ 変化 進化 冒険 を 恐れない方なんですね

発展的変化と思い 今は 皆様の今後のご発展を祈るばかりです

ジュリーは 歌い続けられる限り歌い続ける とおっしゃって下さったので 

私は自分が元気な限り 大好きな大好きなジュリーについて行きたいと思います
 


そうそう! 忘れちゃいけないことがもう一つ!

最後に 大阪の50周年LIVEを 三本締めで終えた直後

(※個々の部分 記憶違いみたいで 撮影の後三本締めだったようですsweat01) 

ジュリーが 「写真撮るよ~ みんなも写るよ~」と言って

依知川さん GRACEさん 泰輝さん 和さんも前に出て来られ

ジュリーを真ん中に並んで 客席を背に 記念撮影が有りました!

あらら 今まで座ってた前の席の方も立ち上がり 

背の低~い私は たちまち人並みの中に埋もれてしまいました(笑)

が 一応ピースサインの手だけはしっかり伸ばしておきました

さて? この写真は どこかで見ることができるのでしょうか?

ちょっとだけ期待しておこうcoldsweats01  

  
  
2日間にお逢いした皆さま 

いつもながら 楽しい時間を共有して下さってありがとうございましたheart04

また 古希のLIVEを楽しみに しばらくのジュリー涸れの日々を乗り越えましょうねsign01

 

 

 

2018年1月 9日 (火)

2018年 始動します🌸

というには 遅すぎるご挨拶ですが 今年も継続いたします

よろしくお願いいたしますdogfuji

 

長いお正月休みの間 空き時間ができる度に 

頭に浮かぶのはジュリーの 京都での言葉でした

 

「考え過ぎよ 無駄なエネルギー使ってるね!」 と

豪快な肝っ玉母さんのJ友さんに笑い飛ばされた時

私って こんなに粘着質だったのね~coldsweats01

って あらためて認識したりしながら

グダグダ 晴れない冬空みたいな気分のお正月休みを過ごしてしまいました(笑)

 

ジュリーさまも 昨日の名古屋から2018年が始動sign01

私も グズグズ思うのはやめて 今日から再始動rockshine 

どう考えても 自分の信じるようにしか進めないのだからcoldsweats01
  

名古屋は いつも通り穏やかなジュリーさまだったようで 良かったnote

いち早く様子を教えて頂けるのは 私にとっては嬉しいことです

詳しい内容は知らなくて良い

でも 日本中にジュリーファンの知り合いがいる訳じゃないのだから 

お元気だったか 歌声はどうだったか 

ただそれだけを発信していただける方が各地にいらっしゃるのは とても有難い

自分がそう思うのだから 自分もそうしようと思います

      

それくらいの発信ならOK と言ってもらえれば…

OKとはいかなくても 眼をつむっていただければ… と願いますが…

 

 

今年も ジュリーが 歌うことを幸せと思える年で有りますようにshine

ジュリーが 健康で無事で幸多い一年でありますようにshine 

 

 

 

2017年12月30日 (土)

備忘録

昨日 会社の仕事納め 

仕事が片付き 今日からは冬期休暇 

年内の業務を片付ける間はそちらに集中して忘れていられたけれど

家事の合間 空き時間が出来ると ため息がでる

灰色の冬の雪雲を呑み込んだみたいに まだまだ 胸の内が晴れないな・・・


去年のミニシクラメンの株に 今年も一輪 蕾が伸びてきました

ジュリーの「溢れる涙」の歌詞を思い出す

今の私の気持ちみたいに なんだかひねた姿ですがww

 

 

いろいろ考えましたが この場所は 私にとって大切な居場所

備忘録として存続することにしようと決めました

  
大好きなジュリーが嫌だということはしたくないと思います

でも ジュリーの生きてきた姿を その率直さを 矛盾した言葉さえもを 

敬愛するこの気持ちを 

ジュリーのステージが誰のそれよりも好きでたまらないというこの気持ちを 

同じ気持ちを共有する方に届けたい

それが間違ったことと どうしても思えないのです

ジュリーの言われたことを 胸にしっかり刻みながら 

自分の信じる節度の範囲内で書き留めていきたいと思います

ルポのような形は やめようと思います

ちょうど 記憶力が減退して メモでも取らない限り書けなくなってたところですし^^;

 

ジュリーの願いを聞き入れたい  けれど・・・

ブログを通じてどれだけ多くの大切なジュリー友達を得られたか・・・

嬉しいにつけ 悲しいにつけ ジュリーがいるから頑張ってこられたように

ジュリー友達の皆さんにも どれだけ励まされ 元気づけられてきたことか・・・

この場所がなければ 今も 引っ込み思案で人見知りの私は

未だに一人でライブに行き 談笑しながら帰る人並みの中 

ひっそりと一人で帰っていたかもしれません

ジュリーのことを 内内で話せる友人は この場所がなければ得られなかったのです

ただの日記にして ジュリーのことを書かなければ良いのかもしれませんが

ジュリーのことを話したくて開設したのですから ひっそりと内内で続けさせていただきたい
    

このこちら側の気持ち 一度だけ 考えてみて頂けないでしょうか・・・

遠い遠い 星よりも遠い ジュリーには届かない言葉とわかっていますが 

ただ 言ってみたかった・・・ 

    
ジュリーは 言葉で伝えなくても テレパシーで感じる

それがわからない人間だと思いますか?とおっしゃってた

テレパシーで 感じて頂けないだろうか・・・

 

これ以上何を望むの? というジュリーの問いかけ・・・

もしも答えを届けられるものなら 届けたい

ジュリーが健康であること 

ジュリーがファンの前で歌い続けることを幸せだと思っていただけること

ジュリーが歌い続けたいと思う限り 歌い続けられますように ということ 

これ以上 望むことはありません

 

 

ここからは備忘録  
   

今日 午前中の関西テレビに ざこ○師匠が出ていらっしゃいました

師匠元気そう! 

那智勝浦に復帰旅をする企画でしたが 

若い二人の漫才師さんは杖を持ち 師匠は杖もなく歩いていらっしゃいました

見た目には 動きもしゃべりも 何も以前と変わらない

お話を聞いてるうちに どれだけ頑張ってリハビリされたのかが うかがえました

何十年もかけて覚えた落語の噺は 全然覚えていない

一から覚えなおさなければならないのだというのを聞いて 

病気の重さを思い知りました

以前より 心なしか表情が柔らかく 優しさが増したように感じられました 

師匠も同年代 

お話を聞いてて 病気をされた師匠から かえって元気を貰えたような気がします

私も自分の身体に気をつけて 気持ちを切り替えて 来年も ガンバロウ!


   

最後になってしまい申し訳ありません

私の出した結論は 思ったのと違うという方も 同感という方もいらっしゃいますが

貴重なご意見を届けて下さったJ友さまに 感謝いたします 

ほんとうに率直なご意見いただいたJ友さま ありがとうございました

もう ジュリー関連の個人発信のネットは見ないとおっしゃっていたので

この言葉もお伝えできないのかもしれませんが・・・

    
同じように悩んだ経験を伝えて下さり 

優しい言葉をかけていただいたJ友さま 涙が出ました ありがとうございました

   
自分を信じていいよ と 励まして下さった皆さま 

コメントやメールを ありがとうございました

    
J友さんって やっぱりみんな素敵な方たちばかり

自分をしっかり持っていらっしゃる方ばかり

ジュリーを慕う気持ちは みんな同じ 純でうぶな方ばかりです!

来年も よろしくお願いいたします

来年が 皆様にとって 良い年になりますように!

 

2017年12月27日 (水)

京都の夜は霙まじり

今年最後のジュリーライブが終り 明けた今日 

胸に小さくくすぶるモヤモヤした火を消しかねて 途方にくれています

  

すでに 昨日の様子をいろいろ聞いて 

心配して電話を下さった方やメールを下さった方がいらっしゃるので 

取り敢えず ご心配はいらないということを発信しておこうと思います

とても心に残るLIVEでした 

ストレートなジュリーの気持ちが聞けて とてもとても良いLIVEだったと思います

正直に思っていることを言ってくれた 

今までグッと胸に納めていたことを吐き出してくれた

それは 聴いていて 嫌な気持ちになるようなものではありませんでした

ただ機嫌が悪くて怒ったわけじゃないから 会場からの拍手も沢山々々ありました

ジュリーの気持ちに賛同しています と たくさんの人たちが表明していたのだと思います

自分の育った地元だからこそ 残念な終わり方をしたくなかったのではないかと思います

人間と人間として 節度を持ってほしいという 切なくなるほどのジュリーの願いでした

ステージを降りたら ただの一般人に戻るのだから

出待ちや追っかけなど して欲しくない 

見知らぬ人に接するのと同じ礼節を持って欲しいということだと受け取りました

ステージ上にいる時は 一生懸命務めている最中に その気持ちに割り込むようなことをされたくないということ

座れ座らないの観客どうしのもめごとにも 一生懸命務めようとしているペースを乱されて

それが自分のパフォーマンスに影響してしまっているのが腹立たしい

ジュリーの気持ちは当然だと思います

それから ネットでいろいろ発信されたくないということ

テレビに出て欲しいのか? 200万枚もCDを売れるようになって欲しいのか?

もう 終活しようとしてるところなのに これ以上 どうしろというのか?

ここ(会場)のことは ここの中で終わらせて 外に持ち出さなくてもいいじゃないか?

けなされるのも嫌だけど 褒めているのも ファンではない人が見たらバカみたいだと思われるよ

最後に 

純でうぶで正直な皆さんがほとんどなのですから その方たちに感謝している と

ジュリーが言われました

私もJ友の皆さんも 誰一人 追っかけも出待ちもしません

ライブの最中に 個人的な発言もしません

だから みんな 純でうぶな人たちに入ると信じています

私の知っている限りのみんな ジュリーが 正直者は損をしないといった 正直者たちです

だから 何も心配はいらない

 

ジュリーの気持ち 良く理解出来ます 

ただ 一部ネットで発信するのはやめて欲しい の件だけは 理解は出来るけれど・・・ 

ネットを使って ブログを発信している私には 

この部分が胸に重い問いかけの火種を投げ入れられたように 今もくすぶっています

 

あとは 自分の気持ちの持ち方次第

このブログをどうするか 

そこまで考えないといけない問題提起を ジュリーにいただいたのだから

 

きっと 発信する人の受け取り方で ジュリーが言いたかったことと少しずつズレが生じてしまうことも有るでしょう

そんなふうに言ったつもりじゃなかった ということが独り歩きしてしまったり・・・

きちんと伝わってない上に 好き勝手に解釈して書いたり・・・ 

第一 自分が頼んだわけでもないのに勝手に発信して欲しくはない 

と思って当然のことと思います

ただ ここでぷっつり 今まで書き続けてきた場所を閉鎖する選択も 今の私には難しい

   
   
京セラドームで ジュリーに再会できて以来 

長年の自分の不在期間を埋めるように ジュリー情報を渇望して

夢中になってあちこちのジュリーブログを読ませていただきました

あの頃は 面白かったり 楽しかったり ほのぼのさせて頂いたり お腹を抱えて笑えたり

むさぼるように ジュリー情報を収集していました

(今でもひそかに訪問しては 楽しく読ませていただいているブロガーさんが沢山いらっしゃいます

みんな素敵な方たちです)

出戻り以来 最初の内は ライブの日 会場に一人で行って また一人で帰るばかりでした

たまに お隣の席の方と始まる前にご挨拶と短い会話をするくらい

溜まりに溜まった気持ちは 妹に長距離電話をするくらいしかなくて

そんな時 自分のジュリーへの気持ちを吐き出す場所が欲しくなり 

恐る恐るブログを書き始めました

最初は 日記のようなもので 

通りすがりにどなたかが読んで 中抜け組の気持ちを共有できないかなあ・・・

こんな 情報も何もないブログは 誰ものぞいてはくれないだろうな・・・

などと思いながら ポツポツと自分の思いを書き始めました

初めて見知らぬジュリーファンの方からコメントを頂いた時は嬉しかった

同じ気持ちを共有してくれる方がいることが とてもとても嬉しかった

ブログを始めて8年余りの間に J友さんと呼べる方たちと沢山知り合えて

ジュリーのことを 思い切り話し合えて 笑いあえる仲間ができました

普通の友達とは違って 

ジュリーを好きという共通項だけで 一瞬で友達になれるような仲間ができたのは

ブログが大きなきっかけでした

ほとんど書かない日も有るけれど 私にとっては大切な場所なのです

ジュリーが ネットで発信するのはやめて欲しいと言われた中に ブログも含まれているのでしょうか?

ブログは 読みたい人が 自分の意志で訪ねてくる場所

ジュリーが わざわざ読みにいらっしゃるとは考えられない・・・

 

もう少し もう少し ジュリーの言ったことについて 考えてみる時間が必要・・・

 

 

昨日のことを少しだけ書いておきます 

      
当日は 家族の夕飯を作り 午前中の内に銀行や郵便局を回り 

雑用を片付け 清々しい気持ちで いそいそと京都へと向かいました

大阪から京都に近づくごとに 空模様が怪しくなってきましたが 気にしない気にしない

予定の合う皆さんと 早めの夕食をかね ワイワイガヤガヤ プチ忘年会みたい 

笑って笑って 盛り上がりました

忙しい年末に 手作りチョコ入りチョコ缶を作って下さったJ友さん

JULIE って書いてあるから もったいなくて なかなか食べられないじゃんcoldsweats01

 

ロームシアターは ソールドアウトでした(^^♪ 立ち見は無しですね

この☟ロームシアターの告知チラシ 

全員に配布されたわけではなく どこかに置いてあったそうで

ライブが終わってから J友さんに分けていただきました

私の分まで取って来て下さって嬉しいnote ありがとうございますsign01

 

 

横浜で心配されていた歌声は 万全とはいえないけれど 

時々喉が苦しそうにされていたけれど

しゃがれたりはしていませんでした

ただ 後半 寒い!寒い!と何度も叫んでいたので ほんとうに寒くてたまらなかったのでしょう

この後風邪をひくんじゃないか? そちらの方が心配でした

 

京阪三条まで歩く途中 雲の間から 寒そうな白い半月が見えました

時折り 霙のようなものが落ちてきて・・・

何か 自分の心の中のほぐしきれない塊とリンクしているようで・・・

 

昨夜は 深夜12時頃帰宅し 遅すぎる夕飯を食べて 

疲れているのだから寝よう寝ようと思いつつも なかなか寝付けない夜でした

大好きなジュリーから受け取った この課題 

しばらくは 一時も頭から離れないのでしょうね・・・

2017年12月20日 (水)

お宮参りに

ジュリーさまご一行が館林のコンサートの日曜日

我が家は 次男の娘のお宮参りに行ってきました

真冬の気温の寒い日とはいえ青空

太陽の陽射しが降り注ぐ日になり 嬉しいお祝いの日になりました

生國魂神社(いくくにたま または いくたまさん) と呼ばれている

大阪市内に有る大きな神社です

Ikukunitama-jinja haiden-2.JPG

神様の前で祝詞をあげていただく儀式を終えると ここから出発という気がしてきます

どうか スクスクと健康に無事に平和に育ちますように

きれいな大人になりますように

優しく素敵な娘になりますように

  
夫の母親が赤ちゃんを抱っこするという古くからの習わし通り

私が赤ちゃんを抱っこして式に臨むという嬉しい役目を担いましたが

写真は 初々しいお母さんの方が絵になるから お嫁さんにバトンタッチ(笑)

息子とお嫁さんの嬉しそうな顔heart04

お嫁さんのご家族も 我が家の家族も みんなが幸せそうな笑顔の嬉しい一日でした

 

 

風の便りでは 館林で また何か ジュリーの心をかき乱すようなことが有ったようですが

ジュリーの気持ちを考えると 胸がチクチクsweat01

 

いろいろな声を発した方々に言えるものならいってみたいのは

ライブは ステージの上の人と 客席の人と 

両方の関係で良いパフォーマンスが生まれるものでは?ということ

自分の感情をあらわにすることで そのバランスが壊れるとは考えられませんか? ということ

みんな 少しずつ我慢したり譲り合ったりして ライブを満喫しようと努力してると思うのです

腰痛持ちの私は ずっと座ってるのが苦痛の時も有り ずっと立っているのが苦痛の時も有りです

立っているのが辛い時は ジュリーの声だけ楽しませていただくことにしています

座るとジュリーが全く見えない席の時も有ります

でもそれは自分の都合 人様に 自分の都合に合わせて頂こうとは思いません

最高のジュリーを聴きたい 良いコンサートを味わいたいと思うなら

ジュリーが心地良く 幸せな気持ちで歌えるようにしようと考えてみませんか? ということ

 

 

「偉そうに!勝手なごたくなんか聞きたくないわ!」 って 言われそうですね~sweat01 

ほんまに 余計なお世話sweat01

この記事 削除した方が良いでしょうか~bearingsweat01

って また誰に聞いてるの?

 

ま 当たって砕けろ ということでcoldsweats01sweat01
    
    

それにしても 我が家 まだチケット来ないので 

不安になって振込領収書をチェックしましたsweat01

ちゃんと振り込んでたわ~(´▽`) ホッdash 

今日あたりには届くでしょうか? 待ち遠しいです~mailto

2017年12月16日 (土)

なかなか来ないので~

12月も半分過ぎてしまったけど

1月のチケットが なかなか届きませんね~despair

首を長~くして待ってるので 肩こりがひどくなった気がするcoldsweats01

  
こんな時は 仕方ないので いろいろ妄想をして遊んでいますcoldsweats01

日頃 こんなジュリーグッズ欲しいな~ というのを考えたりするのを

形にしてみました

いちばん欲しいのは 

会場でいただいたパンフレットを くちゃくちゃにしないため

毎回持参しているクリアファイル

これをジュリーグッズで販売して欲しいな~shine 

最近の写真がお嫌いなら 昔の親戚の子たちのでもいいですからcoldsweats01

そしたら忘れてもすぐ買えるnote

パンフレットをそのまま印刷したのでもいいnote

ノートbookとか メモ帳memoとかも 

ジュリーのスケジュール入りで有ったら 絶対 買っちゃうな~note

卓上カレンダーなどで スケジュール書き込みできるのでも良いなhappy01heart04

アンデモのTシャツは 一見 何のイラストかわからないから

普段でも着て歩けます

周りの人には判らないけど ジュリーのTシャツ着てるんやでsmileheart04 と

一人でほくそ笑んでますcoldsweats01

そんなTシャツ また欲しい 

ちょっと生地が厚く 首が窮屈気味だったので 真夏に着るにはご一考をcoldsweats01

これは実現難しいと思いながらcoldsweats01 お土産のお菓子とか いかがでしょう?happy02

先日 石山寺にお参りした生徒さんから お土産にいただいた

源氏物語姫絵巻のお饅頭

石山寺は 紫式部が源氏物語の着想を得たところと言われてるんですね

私にはもう 源氏のイラストがジュリーにしか見えないcoldsweats01

頂いた生徒さんは タイガースの頃はまだ赤ちゃん?の年齢なので

特にジュリーに思い入れが有る方では有りませんが 

ジュリーが演じた光源氏が美しかったというお話では盛り上がりましたhappy01scissors

その他

有りがちですが キーホルダーまたはバッグチャームshine 

チケット入れ 

JULIE ロゴ入りトートバッグ etcetc 

 

こんなの有ったらな~ と考え始めると 妄想は尽きませんhappy02sweat01

食べ物というのは ちょっと無理としても

他のグッズなら 手ごろな価格で実現可能なのも有るのでは? 

利益率良くないかな~?

採算合わないかな~?

ほんの少しの可能性が有るなら ご一考下さいませ~

って どなたに訴えてるのでしょうか?coldsweats01sweat01

 

チケット待ち疲れた果ての妄想でした~coldsweats01sweat01
  

2017年12月 5日 (火)

紅葉を見に🍃🍁

今日のジュリー様ご一行は 温かい沖縄やな~  という日曜日 

関西は 久しぶりに 雲一つない秋空でした

今年の紅葉は この日曜くらいが見納めかな?という天気予報など見ていたら

出不精の私たち夫婦も 近くの山まで ちょこっとドライブしてみようと思い立ちrvcardash

車で10~20分も走れば もうちょっとした山の中

お天気が良いので 常緑樹の緑と 紅葉の赤や黄色のコントラストが美しいmaple 

岸和田市の山の中に有る 牛滝温泉のあたりは 

10月に台風の 大きな被害が有ったところですが 

今は 川も 山も 穏やかな秋の風景

何でもない道のカーブを曲がったら 目の前に見えた黄色いお家

家の隣に立つオレンジ色に紅葉した大木と並んで 美しい絵のようです

異国の風景みたいで 絵心が誘われます 油彩で描いてみたいartshine




観光地でもなんでもない里山だけど

秋の日差しにキラキラ光る山々の樹々から 小さな幸せをもらって帰りましたshinemapleshine  

«今頃?ですが直方(^-^;