フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« 感動の記念日 京セラドーム  | トップページ | ショーケン と ジュリー »

2009年11月30日 (月)

窓向こうの桜の木が 紅葉して 美しい

何気なく見ていると 風も無いのに 一枚の葉が はらり と散った

本当に はらりと 前触れも無く

すると いっせいに 残りの葉が さわさわと揺れだした

まるで 散っていった仲間に さよなら と挨拶するように

さわさわさわさわ

そして また1枚 さよならと散っていく

寂しさよりも 軽やかな気配

木の枝は もう 来年の春の準備を始めているのだろう

それを 知っているように 

あっさりと はらりと 軽やかに散っていく

秋も深くなって 明日からは十二月 気ぜわしい師走がやってくる

人間の私も 明日の準備を 常に考えて生きなければならない季節に差し掛かっている   

自分の今を ’秋’ とは思わないが 春や夏とは言えない年齢

出来るだけ 悔いを残さないように 毎日を軽やかに 真摯に過ごしていきたい(せめて 心構えだけでも^^;)

« 感動の記念日 京セラドーム  | トップページ | ショーケン と ジュリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 感動の記念日 京セラドーム  | トップページ | ショーケン と ジュリー »