フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« 身も心も 寒いです・・・ | トップページ | チケットプレゼントですって! »

2010年1月19日 (火)

E子 読んでくれますか?

今日は 気の早い春が訪れたかのように 陽だまりが ぽかぽか暖かかった   ベランダのパンジーが 心なしか のびのび背筋をのばしてるようでした

先日の問題を解決すべく 午前中は大車輪で動き回ったけれど 午後一人になってお茶を飲んでいると じわじわと 気持ちが落ちてきます

日曜日 ン十年ぶりの友人二人から それぞれに なつかしい声が聞こえてきそうなメールをもらった   Pと Tちゃん   

毎年の賀状の短いコメントとは違って メールの文章は その人の語り口まで思い出させて うれしさはひとしおだった

だけど その中に 訃報が有った

学生時代 同じ寮で同室だったE子・・・ 

下宿に移った時も しばらく同じ下宿で隣同士だった   

風邪をひけば看病してくれた   

私が結婚してからも はるばる東京から遊びに来てくれた   

貰ったフレミッシュ織りの手作りの作品は 今も リビングに飾ってあるよ・・・

学生時代 いちばん 身近にいた友

なぜ 賀状の行き来を怠ってしまったのか・・・ 

転居や社会人留学やで お互いの住所がごちゃごちゃしてしまって そのうち と思ってる間に 数えれば十年の月日が流れてしまっていた

住所なんて その気になれば調べられたのに どうして早くそうしなかったのか・・・ 

距離は遠く離れていても 気持ちの距離は身近な存在だと いつかまた会えると どうして根拠も無い思いで 安心していたのか・・・

E子が亡くなった8月 私はその日何も知らなかったのだ

普通に過ごしていたのだ   痛みも傷みも知ることも無く・・・

E子は もう この世にいない

悔いても悔いて悔いても・・・足りない・・・

子供の頃に父を亡くし 今年の4月には母の七回忌を迎える

身内を亡くす辛さ悲しさは 存分に知っているつもりだけれど 同年齢の身近な友人を喪うのは 初めてのこと

命は こんなにも急に消えてしまうものなのだ・・・

E子が この世にいないことが じわじわと 本当になって行きます

60年 特別にいたわってこなかったのに 普通に動いてくれている身体に 感謝する

自分の身体を 自分のことを もっと大事にしようと思う

それと同じくらい 家族を 身近なご縁の有る人たちを もっと大事にしなくちゃいけないと思う

E子ちゃん 知らなくてごめんね 遅れてごめんね 

言葉が届くものなら・・・と ひとりごとを書き連ねることしか 

あなたを悼む方法が 分からない    

« 身も心も 寒いです・・・ | トップページ | チケットプレゼントですって! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E子 読んでくれますか?:

« 身も心も 寒いです・・・ | トップページ | チケットプレゼントですって! »