フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« おくればせながら・・・レポ② | トップページ | 幸せやな~♪  »

2011年1月17日 (月)

16年前

16年前の今日の出来事 

神戸からは 大阪湾を隔てたこの地でも 衝撃は大きかった

背中から突き上げるような大きな振動に 動転して飛び起きた

これまでに経験したことの無い 大きな地震

考える暇なく 子どもたちの部屋に飛んでいって

主人と 二人の子どものそれぞれのベッドを押さえていた

マンションごと壊れてしまうんじゃないか と思うほど

ミシミシとひび割れるような音が鳴って とても長い時間に思えた

揺れがおさまっても 動悸はおさまらず とにかくテレビを付けてみる

しばらくは 大きな被害の様子も報告されず 

震源はずっと遠くの東海とか関東とかなのかなあ と話し合っていたけれど

徐々に現れてくる被害の映像に どれほどの衝撃を受けたことか・・・

高速道路の崩壊 横倒しになったビル フロアごとつぶれたマンションなど 

とても現実とは思えない映像が次々と流れて ただただ息を呑むばかり・・・

その頃中学一年の長男の学校は高台に有り 

校舎の3階から 数日の間 神戸の方向で幾筋もの煙が上がるのが見えるといっていた

海を隔ててすぐ側の地で いくつもの命が消えていかれていると

堪らない気持ちでいっぱいで 何かしないではいられない思いにかられた

近所中の知り合いが 仕事の関係の全ての付き合いの人が 皆

何か出来ることをしようとしていた 

毛布や食料やラップや食器や鍋やストーブや炊飯器や衣服やオムツや・・・

考えに浮かんだあらゆるものを持ち寄り 知り合いの会社のトラックで運んでもらった

大きな被害の無いこの地に住んでいる私たちも 半年以上の間

地に足が着いていないような 生活に実感が無いような 不安定な気持ちで暮らしていた

どんなに年月が経っても 1月17日を忘れることは無い

神戸の鎮魂の催しを見る度に あの日々を思い出す

喪われていく多くの方たちの命を どうすることも出来ず 

おろおろと眺めていることしか出来なかった日々を 忘れることは無い 

« おくればせながら・・・レポ② | トップページ | 幸せやな~♪  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16年前:

« おくればせながら・・・レポ② | トップページ | 幸せやな~♪  »