フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« 癒しの花… | トップページ | 泣き言 »

2011年3月22日 (火)

今出来ること

今出来ること
春が一進一退で近づいています

こんな時にも関西には 普段通りの日常が有る

名古屋のチェイサーも無事終えられたそうだ

皆が自分の仕事をきちんとこなしていく日常が大切

今日も私のすべき仕事を大切に丁寧に過ごそう

報道番組は 少し時間が減少したとはいえ 変わらず被災地の現状を伝えている

レポーターの方も度々被災地を訪れ 頑張ってるなあと思う

そんなレポーターの方コメンテーターの方に ご自分が被災者の側の代弁者だと言うように 行政への不満を言う方がいる

関西のあるテレビ局で 阪神大震災の時 取材や報道をされていたという方たちが言っていた

-救援の状況や原発の状況を伝える行政側の人に

 苛立ちをぶつけるように質問をする報道の人を見たりするが

 その気持ちもわかる  わかるけど…

 自分たちも 地震の直後 進まない救援や行政の不手際に苛立ち

 不満を募らせ批判的な報道をしていた

 でもそのうち 今こんなことしてる場合と違うんやないか?と思い始めた

 そんなことは 落ち着いてからでいいんや  

 今は皆が協力して 先へ進むことが重要なんや

…と

昨夜久しぶりにスマスマを見てたら

中〇くんが同じように

今そんなこと言ってる時じゃない 助け合う時じゃないか と言っていた

本当にそう思う

足りないところが有ったら 気付いた人が補えるように動けば良いんじゃないだろうか

報道の仕事は 大きな影響力が有る

一般人が端っこでつぶやいても ほんの数人にしか伝わらないことも

一瞬にして数万数十万の人に伝わる

その利点を活かして 行政が足りなければ助けられる部分で補充して欲しい

現地で見聞きしたことを 直接行政に伝えて欲しい

批判でなく冷静に 被災者側が不足している部分が何かという事を

行政は今被災地の為に何をしているかということを 

伝え合う橋になって欲しい

被災者と一緒に泣くことも癒しになるでしょうけれど

被災者の方々の不安を和らげる情報を探して伝えて欲しい

私には 直接出来ることが募金以外ないけれど

祈っています

復興の希望の灯が 被災者の全ての皆さんに灯りますように

« 癒しの花… | トップページ | 泣き言 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今出来ること:

« 癒しの花… | トップページ | 泣き言 »