フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« プチ情報②& 昨夜のラジオ | トップページ | いよいよ »

2014年6月19日 (木)

最近



少し風邪気味かなあ と思いながら まあ じっとして見てるだけなんだから大丈夫だろうと

5月25日 孫の運動会に行った

翌日から  ひどい風邪に罹って寝込んでしまい  2週間ほど 寝たり起きたりの繰り返しで 

最近 高熱を出すことがなかったけど 久しぶりに熱も出た

月末から月初めは  主人自営の仕事が特に忙しい時期で  風邪だからと休んでいられない日も有り

超が付くほど苦手な計算事務をしたり  銀行を走り回ったり  と ちょっと辛い日々が続いた

ひどい咳が体力を消耗するみたいで  しまいには気力までも消耗しきってしまったみたいで

せっかくJ友さんが教えて下さったジュリー情報を  ブログにアップする気力さえもなくしてしまった

5月下旬のTBS爆問で ちらりと出てた魔界転生のジュリー映像のことも 書いておきたかったし

J友さんにいただいた情報元の検索もしたかったけれど

何もする気力も失くし  何も出来ないことが辛いので  ジュリブログ巡りさえもシャットアウトしてしまってた

.

ジュリー情報を求めてやまない頭の構造を  リセットした状態が続く中

1980年代後半  ジュリーが独立した前後の曲ばかりを聴いている

ジュリーの声には  いつも助けられ  活力を与えてもらっているけれど

ちょっと病んでるのかな  という心に  この頃のジュリーの声は   しっとりと静かな響きがどの曲にも含まれていて 

私にとっては  特に癒される力を  強く感じられる曲が多い

ジュリーの声がジュワジュワと沁み込んで  心の中心から 身体中に広がって沁み透って 

癒しに満たされていくのを感じる

架空のオペラ    CO-CōLOファースト~夜のみだらな鳥達~  は  全曲好きな曲ばかり

自分自身は  この頃の生のジュリーを知らない

地団太踏むほど後悔してる

幸い  妹から  カセットテープにコピーした  架空のオペラ  から   TLUE BLUE  までの音源をもらって聴いてはいた

なぜ  こんなにも素晴らしい音源を聴いていながら  生のジュリーを聴きに行こうとしなかったのか?

自分のこと  子供のこと  独立したばかりの主人の会社のこと  全てが重なり  時間的余裕がなかったのは確かだけれど

たった一日でも ジュリーに逢いに行く時間はなかったのか?

・・・なかったと思う   

今思ってみても  やっぱり  なかったと思う

それでも  地団太踏んで  身悶えるほど悔しい思いは消せないけど・・・

.

やっとごく最近になって 長引いた風邪と咳も治まった 

萎えた心も ジュリーの声に癒され続け   生き返ったような気分

これからも  ゆっくりと  好きな時に  好きなように  自分なりに  を目標にしていこうと思う気力が戻ってきた

.

窓を開ければ  昨日の雨に洗われた木々の瑞々しい緑が眺められ  涼しい風が入ってくる

2週間前ベランダのプランターに  体力もない時期にいい加減に植えた  高さ20㎝ほどのミニゴーヤーの苗が 

あっという間にスクスクと  40㎝ほどに育ち  毎日 数輪の花が咲く

花のつけねには  早くもゴーヤの形のふくらみが見えてる

いい加減に植えたから  ちゃんと実に成ってくれるかなあ  ちょっとドキドキ  でも楽しみ

そういえば  悪名  のDVDはまだなのかなあ  楽しみ

(悪名 の放映が TBS2で 7月27日に有ると Kさんからお知らせいただいてたんだった アップ遅れてごめんねm(_ _)m)

コンサートの始まる7月も もうすぐ  私の初日は奈良  めちゃくちゃ待ち遠しい  楽しみ

ジュリーの誕生日も  目の前  秘かに一人でお祝いしよう  ケーキも楽しみ

小さな楽しみが沢山  梅雨の晴れ間の今日  私も晴れて生還      

 

 

« プチ情報②& 昨夜のラジオ | トップページ | いよいよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近:

« プチ情報②& 昨夜のラジオ | トップページ | いよいよ »