フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« 2016 二回め フェス J友さんより | トップページ | 時間は作らないと ない »

2016年2月 1日 (月)

一昨日はハクナ・マタータ

29日  NHKホールの様子が気になりながらも
 
ジュリ風呂さん巡りをする時間的な余裕がないまま
 
一昨日30日は  取引先のご招待で  大阪四季劇場へライオンキングを観に行ってきました
 
三時間の観劇中に空腹にならないように?
 
ヒル○ンホテルで 軽食バイキングまで用意して頂いて  至れり尽くせりのご招待会でした
 
実はミュージカルには  あまり興味がない私は(ジュリーの音楽劇なら ウキウキしながら観に行くのですが〜(*^^*))
 
ライオンキングなら一度観てもいいかな?くらいの軽い気持ちで行ってきました
 
後で  そんな自分の価値観が180度ひっくり返ってしまうことになろうとは  露知らず
 
 
 
ハービスPLAZA7階の大阪四季劇場 
 
エントランスホールはこじんまりしていて  これなら  たとえ最後列でも舞台と客席が近いかもと  期待が高まります
 
頂いたチケットは  11列目上手側
 
前の座席との幅が狭いから  その分舞台が近い
 
 
腰痛持ちの私は  座り心地が心配でしたが  狭いけれど座り心地はなかなか良くて安心
 
そろそろ電源を切らなくては  とスマホを出したら J 友さまから  嬉しいご報告メールが入っていました
 
『昨日、NHKホールで、ご機嫌最高の澤田さまにお目にかかり、今、帰宅途中の新幹線の中です(^^)
 
声の伸び、艶、声量とも最高の調子のようで、最初からラストまで、大変気持ち良さそうに唄われておりました
 
アンコールの後に、珍しくもう一度出て来て、関東一本締めをして、お開きになりました(^^)v
 
今回は、席も良く、10列目位のど真ん中、大変、楽しんで来ました
 
夏のツアーを首を長くして待ちましょう
 
T さまからの NHKホールの嬉しいメール  お疲れなのに ありがとうございました
 
返信する間もなく開演時間になり  お礼のメールは夜中になってしまいましたが 
 
しっかり読ませて頂いてましたよ(^_^)v
 
 
 
さあ 幕が上がりました
 
でも 客席が暗転しないな… と思っている間に  いきなり登場する賑やかなメイクのヒヒ?
 
素晴らしい声量で歌い始めます 
 
と共に 次々にステージ上にいろいろな動物が現れ 
 
客席通路にも沢山の動物が現れ 次から次と舞台に向かって歩いて行きます
 
沢山の動物たちのコーラスの声が ヒヒのラフィキ 王国の呪術師の声が 王の声が
 
どれも皆 鍛えぬかれたプロの肉体から発せられていて 声量に圧倒されました
 
これ以上は 営業妨害になりそうなので 詳しくは書けないけれど
 
演出も 舞台装置も 展開が計算されつくしていて 
 
動物の特徴をとらえた役者さんの動きも素晴らしく 
 
人間が演じていることを忘れそうになる 
 
スカ―とハイエナや シンバと ティモンとブンバの大阪弁の掛け合いが面白すぎる
 
最初から最後の最後まで ずっと釘づけのまま
 
こんなにも素晴らしいプロフェッショナルの舞台を 今まで知らなかった自分の無知を恥じながら 
 
一瞬のゆるみもなく惹き付けられて見入っていました
 
ハクナ・マタータ くよくよするな! 歌うヤングシンバが可愛かった
 
みんなみんな 子供たちまでも 鍛えられたプロの仕事を見せてくれました
  
ありがとう 良い舞台を見せていただいて スタンディングで感謝の拍手を送りました
 
 
 
 
プロフェッショナルの仕事の凄さ! 
 
いつもジュリーに感じているものと共通した凄さでした
 
これは 私が観るよりも きっと将来の糧になる孫に見せたかった
 
将来どんな仕事をすることになろうと 一流の凄さを判っているのといないのとでは 
 
きっと違いが出てくると思える
 
子ども達に そういうことを肌で感じて欲しいと思う すばらしいミュージカルでした 
 
同行した息子のお嫁さんと二人で そんな話をしながら興奮状態  
 
寒い冬の夜であることも忘れ 感激に浸りながら 心ポカポカで帰宅しました
 
ジュリー 劇団四季 と 一流中の一流 二つの超一流のステージを続けて鑑賞出来た今年の初め
 
この先の予定からも しばらく良いことばかりが続きそうなのですが 
 
こんな時こそ気を引き締めて しっかり地に足をつけて暮らさなくては
 
そんなことを思う 二月の初めです

« 2016 二回め フェス J友さんより | トップページ | 時間は作らないと ない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(o^-^o)

「ライオンキング」、ミュージカル嫌いな私も、気になっているひとつです!
つい最近も、友人とそんな話をしたばかりだったので、aijuさまが観に行かれたと知って、大変驚きましたw(゚o゚)w

やはり、良かったんですね!
機会があれば、私も是非一度、見まぁ~す(*^-^)

そのaijuさんのコメントに、私のコメントが出てて、それもビックリポンでした(^-^;

どうして、ジュリーは、今年、あんなにご機嫌なんでしょうね…。

死ぬまで歌うと言い始めているし、本当に、この上なく幸せそうに唄っているし、
きっと、この年末年始で、自分のこれからの人生をゆっくり、しっかり考えた結果なんでしょうね…。

今年年女で還暦を迎える私も、一つの節目として、人生について考えますけど、
ジュリーは、古希を目前にして、自分に残された時間や、その他、たくさん、たくさんのことを考えて、自分には歌しかない、唄えるということがいかにハッピーなことかと思ったのではないでしょうか・・・。

そして、幸せなことに、自分の歌を、まだまだ沢山の人が聴きにきてくれるということの恵まれた環境についても、再認識したのではないでしょうか・・・。

私も今回のステージを観て、そんなことをいっぱい考えました(^^♪

まんさくさま ビックリポン ごめんなさい!
NHKホールの様子、行かれなかった皆さまにもお伝えしたくて、転載させていただきました。
事後報告でメールさせていただくつもりだったんですが、まんさくさまが読まれる方が先になってしまいました 
お許しくださいませ!今後は 必ず事前に了承を頂きますm(_ _)m

ジュリーが、今年は2回めのフェスでも尖ったところがなく、丸く柔らかな雰囲気でしたが、
どんな心境の変化か、ちょっと気になりますね
昨年は、加瀬さんのことなど、ジュリーにとっては哀しい出来事も…
毎回、出来る限りの全力でステージを楽しませてくれるジュリーですが、
今年のお正月ライブは、今まで以上に、幸せをいっぱい振りまいてくれましたね。
ご自身の悲しみや痛みはみじんも見せず…

ジュリーも、ファンも、もう緩やかな下り坂を歩いているお年頃?(笑)
だから、一回一回を一期一会に、今年もジュリーとの時間を大切に過ごせますように
 


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一昨日はハクナ・マタータ:

« 2016 二回め フェス J友さんより | トップページ | 時間は作らないと ない »