フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« 京都の夜は霙まじり | トップページ | 2018年 始動します🌸 »

2017年12月30日 (土)

備忘録

昨日 会社の仕事納め 

仕事が片付き 今日からは冬期休暇 

年内の業務を片付ける間はそちらに集中して忘れていられたけれど

家事の合間 空き時間が出来ると ため息がでる

灰色の冬の雪雲を呑み込んだみたいに まだまだ 胸の内が晴れないな・・・


去年のミニシクラメンの株に 今年も一輪 蕾が伸びてきました

ジュリーの「溢れる涙」の歌詞を思い出す

今の私の気持ちみたいに なんだかひねた姿ですがww

 

 

いろいろ考えましたが この場所は 私にとって大切な居場所

備忘録として存続することにしようと決めました

  
大好きなジュリーが嫌だということはしたくないと思います

でも ジュリーの生きてきた姿を その率直さを 矛盾した言葉さえもを 

敬愛するこの気持ちを 

ジュリーのステージが誰のそれよりも好きでたまらないというこの気持ちを 

同じ気持ちを共有する方に届けたい

それが間違ったことと どうしても思えないのです

ジュリーの言われたことを 胸にしっかり刻みながら 

自分の信じる節度の範囲内で書き留めていきたいと思います

ルポのような形は やめようと思います

ちょうど 記憶力が減退して メモでも取らない限り書けなくなってたところですし^^;

 

ジュリーの願いを聞き入れたい  けれど・・・

ブログを通じてどれだけ多くの大切なジュリー友達を得られたか・・・

嬉しいにつけ 悲しいにつけ ジュリーがいるから頑張ってこられたように

ジュリー友達の皆さんにも どれだけ励まされ 元気づけられてきたことか・・・

この場所がなければ 今も 引っ込み思案で人見知りの私は

未だに一人でライブに行き 談笑しながら帰る人並みの中 

ひっそりと一人で帰っていたかもしれません

ジュリーのことを 内内で話せる友人は この場所がなければ得られなかったのです

ただの日記にして ジュリーのことを書かなければ良いのかもしれませんが

ジュリーのことを話したくて開設したのですから ひっそりと内内で続けさせていただきたい
    

このこちら側の気持ち 一度だけ 考えてみて頂けないでしょうか・・・

遠い遠い 星よりも遠い ジュリーには届かない言葉とわかっていますが 

ただ 言ってみたかった・・・ 

    
ジュリーは 言葉で伝えなくても テレパシーで感じる

それがわからない人間だと思いますか?とおっしゃってた

テレパシーで 感じて頂けないだろうか・・・

 

これ以上何を望むの? というジュリーの問いかけ・・・

もしも答えを届けられるものなら 届けたい

ジュリーが健康であること 

ジュリーがファンの前で歌い続けることを幸せだと思っていただけること

ジュリーが歌い続けたいと思う限り 歌い続けられますように ということ 

これ以上 望むことはありません

 

 

ここからは備忘録  
   

今日 午前中の関西テレビに ざこ○師匠が出ていらっしゃいました

師匠元気そう! 

那智勝浦に復帰旅をする企画でしたが 

若い二人の漫才師さんは杖を持ち 師匠は杖もなく歩いていらっしゃいました

見た目には 動きもしゃべりも 何も以前と変わらない

お話を聞いてるうちに どれだけ頑張ってリハビリされたのかが うかがえました

何十年もかけて覚えた落語の噺は 全然覚えていない

一から覚えなおさなければならないのだというのを聞いて 

病気の重さを思い知りました

以前より 心なしか表情が柔らかく 優しさが増したように感じられました 

師匠も同年代 

お話を聞いてて 病気をされた師匠から かえって元気を貰えたような気がします

私も自分の身体に気をつけて 気持ちを切り替えて 来年も ガンバロウ!


   

最後になってしまい申し訳ありません

私の出した結論は 思ったのと違うという方も 同感という方もいらっしゃいますが

貴重なご意見を届けて下さったJ友さまに 感謝いたします 

ほんとうに率直なご意見いただいたJ友さま ありがとうございました

もう ジュリー関連の個人発信のネットは見ないとおっしゃっていたので

この言葉もお伝えできないのかもしれませんが・・・

    
同じように悩んだ経験を伝えて下さり 

優しい言葉をかけていただいたJ友さま 涙が出ました ありがとうございました

   
自分を信じていいよ と 励まして下さった皆さま 

コメントやメールを ありがとうございました

    
J友さんって やっぱりみんな素敵な方たちばかり

自分をしっかり持っていらっしゃる方ばかり

ジュリーを慕う気持ちは みんな同じ 純でうぶな方ばかりです!

来年も よろしくお願いいたします

来年が 皆様にとって 良い年になりますように!

 

« 京都の夜は霙まじり | トップページ | 2018年 始動します🌸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ジュリーの気持ちを尊重したいと思います。ネットについては、お正月がすぎたら、コンサートで何かお話しがあるかもしれませんが、ジュリーの気持ちを尊重したいと思う。
全面的にやめてといわれるのであれば、やめるべきだと思います。

戌年の本年もどうぞよろしく(^^♪

ジュリーはブログをやめろとは一言も言っていなかった気がするのですが・・・(^^;

フェイスブックやツイッターのように、不特定多数の人が、いつでも見られるようなSNSに、自分のことを載せるのはやめて、って言ってただけだと思います…。

だから、aijuさんのブログのような、優しい眼差しで、ジュリーのことを時々発信するのは、
なんの問題もないと思います!!

ただ、他の人がやっているような、ステージの詳細な説明とかは、もう書かなくていいのかなぁ、と思ったりはしていますが、でも、それも、基本、aijuさんの自由だとは思います。

これからは、リアルタイムでの、ジュリーとの空間を思いっきり楽しみましょう!!

私も、ジュリーの~これ以上何を望むのか~のひとことに、涙しています。blog、ジュリーが続けていいよといって下さるといいですね。

いつも読み逃げさせてもらっているものです。
ジュリーは解っているのでしょうか?皆のプログが沢山のファンを会場に呼び寄せていることを…昔ジュリーがナベプロを辞めて独立した時は田舎に居る私は次のファンクラブの存在も知らず情報も入ってこず…1999年に初めて澤会の存在を友達の旦那様のインターネットの情報でおしえてもらいました。YouTubeも知り皆のブログにお邪魔して本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました❤️続けて下さい。楽しみに読ませてもらいます。

うたさま コメントありがとうございました。
返信遅れて申し訳ございません。

お正月休み中考えるのはジュリーの言葉の意味ばかりでした。
ジュリーがどんなことに怒っていたのかを考えました。
そして出した結論は、自分は自分が信じるようにしていこうということです。
人それぞれ、ジュリーを想う方法は違っても、
ジュリーを純にうぶに想うファンの気持ち、それはジュリーにも届いているはずです。
うたさまはうたさまが信じるように、私は私が信じるようにすることしか有りません。
今年もジュリーが幸せに歌い続けていけますように、と願っています。

グレーさま 今年もよろしくお願いいたします🎶

ブログ放置が長くて申し訳ありませんでした。
お正月休み中ジュリーの言葉をずっと考えていて、私もグレーさんのお考えと同じような結論に至りました。
ジュリーの言葉の受け取り方は様々ですが、自分は自分が信じるようにするしかないですね。
細かい記憶は自分のノートに記すとして、グレーさんの言われる通り、
〝リアルタイムでの、ジュリーとの空間を思いっきり楽しむ″ことにします♪
古希のジュリー、どんなステージを魅せていただけるのか、楽しみですね!(*^m^*)

アケさま コメントありがとうございます🎵
初コメする時って勇気がいったのでは?今頃まで返信できず申し訳ありませんでした!

私もアケさまと同じように、身の回りにはジュリー情報がほとんどない中、ネットでいろいろな情報を得ることができ、助けられていることが多いです。
中には良いことも悪いことも真実も嘘も有りますが、純粋にジュリーを想う気持ちが有れば、取捨選択は容易ですね。
ジュリーを純にうぶに思う気持ちを失わず、ジュリーを傷つけたり悲しませないよう心掛けながら、今年も自分の信じるようにしていこうと思います。
更新回数まばらな気ままなブログです(^-^;が、これからも気長にお付き合いいただけたら嬉しいです♪
今年もよろしくお願いします(*^-^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録:

« 京都の夜は霙まじり | トップページ | 2018年 始動します🌸 »