フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« 半分gray・・・ | トップページ | いまだ夢の中~国際ホール »

2018年9月 6日 (木)

台風21号後

一見 優雅? ロマンチックなキャンドルにも見えなくはないけど

これは 二晩の停電の夜を助けてくれた 我が家唯一の灯り

ラジオも テレビも パソコンも 全ての音源が使えない夜

キャンドルの灯のせいか 「すべてはこの夜に」のメロディーが 何度も脳内再生されていました

 

     
近畿地方が台風の真っただ中だった4日13時頃停電してから 

今日の午前10時過ぎまで 45時間ほどの間に 真っ暗な二晩を過ごしました

停電と共に マンションのシステム上 すぐに断水してしまって 水が出ない! 

洗濯や炊事の水はもちろんですが トイレの水の調達がいちばん大変でした

我が家は会社まで水汲みに行ったり ご近所の方たちは公園の水飲み場で調達したりしているうちに 

市から派遣されてきたらしい方たちが 消火栓の水を使えるようにしてくれたので 

それぞれにペットボトルやバケツを手に手に 水を求める方がひっきりなし

このマンションだけで400戸弱の住居が有るのだから それも当たり前ですが

エレベーターも止まっていたので 高層階の方の水汲み仕事は ほんとうに大変そうでした

昨夜 我が家より先に停電から復旧した息子の家でお風呂を借り 夜中に帰宅すると

真っ黒くそびえ立つ3棟のマンションが

何か 巨大な3頭の怪獣がうずくまっているようにも見えて 不気味な気もしました

ジュリーのコンサート終わりの夜更けの帰途 

明々と街灯が灯り 家々の灯りが漏れる窓が見えてきた時に感じる 

やっと我が家に帰り着いた安堵感 

それは電気の灯す光が感じさせてくれてたんだな と あらためて思います
  
  

やっと 今日停電が解消した時は 大喜びで 一人で拍手しながら 少し飛び跳ねてしまいました

そのあとホッとして 緊張の糸が切れたのか しばらくはグッタリ

冷蔵庫や冷凍庫の中身は 半分は捨て 半分は息子の家に引き取ってもらったので空っぽ

復旧したので 早速食品を買いに 開いている生協の店舗に行ったら

平日の昼というのに 8~9個くらい有るレジ前が みんな長蛇の列でした

皆さんたぶん同じような事情で 食品を調達にいらっしゃったのではないでしょうか

ついでに スマホの充電器をと大型電気店を 見に行ったけど ほとんど売り切れ

とはいえ まだまだ停電の続く地域も有り 

自宅近くの大きな交差点の信号は まだダウンしたままで

何人もの警察の方が朝から深夜まで交通整理をされています

近隣の店舗も 照明がついてなくて まだ開店できない店舗が何軒も...

駅近のショッピングモールもまだ閉店したままでした

街路樹があちこちで倒れ 

信号機は 機能していても あっちを向いたりこっちを向いたり

どの信号を見ればよいのか 戸惑う場所も一か所や二か所では有りません

瓦や 看板が 落ちたりぶら下がっていたり 車の横転しているのや ぶつかり合っているのやら

あげればきりがない... 

この辺りの狭い範囲を見ただけでも 

今回の台風が どれだけ膨大な被害をもたらしたのかを思い知らされます
  
   

いつも満開の季節に楽しみにしている公園の桜たちが 

何本もの枝が折れていたり 幹から裂けていたり...

片付け作業をされている方々がいらっしゃったので 撮影は遠慮し1枚だけにしましたが
 

春に満開の華やいだ花を見せてくれた同じ場所が むごい姿になっていました... 

駐車場の隣の民家の瓦が飛んできて 停めていた車も凸凹の擦り傷 へこみ傷があちこちにできていました

 

停電中は 情報が極端に少なく 他の地域がどんな状態なのかわからなくて

自分達の周りだけが取り残されているのではないかという不安に駆られました

道路を一本隔てた町は 灯りが灯っているのに...ここだけなぜ?などと...

でも 大阪や近畿の広範囲で 同じような状態に置かれている方が沢山いらっしゃったのですね

やっぱり情報が入るというのは 心を落ち着かせる一つの要素になるようです

携帯の充電器 電池で聴けるラジオなど 今後のために購入しておくべきかも

電源が無くても灯るLED照明器具なども 有った方がいい

キャンドルは 炎が二次災害の原因になりかねないから できれば炎の出ないものが良いと思う

 

追記:高層階では 何戸かのお宅の窓ガラスが割れました

飛散防止フィルムなども 貼っておいた方が安全

我が家の窓も 今にも割れるんじゃないかと思うくらいの風圧を受けていましたから

万が一割れたら いくらかでもガラスの飛散防止になるかと カーテンを閉めておきました

 

まだ関西で停電が解消されない地域が有るというのに 今度は北海道で大地震...

 

頭の中の日本地図は あちこち痛み 傷だらけのようにみえています

たとえ停電と断水の経験だけとはいえ それだけでも充分辟易とする体験でした

その何倍何十倍もの苦しい想いの被災者の方がいらっしゃると思うと 

一刻も早い復旧を願わずにいられません

 

 

台風や地震にそなえ 今のうちに必要なものを考えておいたら と思い

ほんのわずかなことでも 誰かの何かの役にたてればいいかな と 体験したことを書いてみました

油断大敵 備えあれば患いなし なんて言葉も有るから

とっくに備えてるよ~ という方ばかりなら それがいちばんです

 

 

停電中 大阪の状況を心配して連絡をくださった皆さま 

スマホの電池残量がなくて すぐにお返事できずすみませんでした

お心遣い ほんとうに嬉しくて感謝感激です

また ジュリーのコンサート会場でお逢いできるのを楽しみにしています 

 

ジュリーの 北海道 真駒内の公演は行えるのか 気になります...   

 

« 半分gray・・・ | トップページ | いまだ夢の中~国際ホール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風21号後:

« 半分gray・・・ | トップページ | いまだ夢の中~国際ホール »