フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« 福岡でも続く幸せ♪ | トップページ | 出不精ですが①  »

2018年10月 1日 (月)

思い出したこと

台風21号の時に被ったあれこれを思い出し

昨日の24号は 停電や断水の備えも充分 食料も確保 

それでも 今度はどんなめにあうの~? と 戦々恐々といった気分で待ち構えてました

だけど 大阪南部の我が家から近い和歌山県を通過したにもかかわらず 

台風の進路の左側になったせいか 21号のような猛烈さは感じないまま過ぎ去ってくれました

とりあえず ほっ 

25号のことは まだ考えないでおこう

それでも 未だに前回の破損した屋根や壁の修理が追いつかないご近所の青いシートが

めくれてはためいていたりして 21号の後遺症に追い打ちをかけられた感はいなめない

静岡のジュリーコンサートは 中止延期になってしまったしね

まだ大阪でも風一つ吹いてない早い時間から 不測の事態に備えてか 

新幹線をはじめ 関西も関東も東海地方も 日本のあちこちの交通機関が止められてしまい

これでは ライブなどできません 

お客様の安全を考えれば 致し方なかった とは思う… 

台風21号で破損した我が家の車 2台めがやっと今日修理に出せた状況で 2台ともあと1ヵ月は戻ってこないらしい

大破したわけでもないのに 修理車が多すぎ 部品の調達も追いつかなかったりしているため 

らしい

やっと調達してもらえた代車が 今までの車とシフトレバーの形が違う

サイドブレーキの場所も違う  シートが身体になじみにくい

それでなくとも運転苦手の私 できれば車に乗りたくないのに 

どうすりゃいいんだ~~~

というわけで 出かける予定をキャンセルし 家に居ることにした今日なのです

 

 

そんなわけで 

ぼんやり テレビを見ていると 昨日執り行われた希林さんの葬儀の様子が各局で放映されていました

逸話を聞くごとに ほんとうに見事な女性 見事な生きざまの人 だったことがあらためて感じられます

『おごらず、他人と比べず、面白がって平気に生きればいい』

という言葉 樹木さんの生き方そのもののように感じます

人から物を貰うのを嫌う姿も 樹木さんの生き方そのもの

ご自宅も 無駄なものが一切なく しかも美しい佇まい

今生きていることに必要ないものは すべてそぎ落とされて

自分の心に必要なもの だけが残されている家 のように思った

見倣いたいと思いながら 見倣えないな~ とも思う

私は まだまだ欲が多すぎる

ジュリーのライブに行きたい ライブに着ていく新しい服が欲しい

買い損ねてもう手に入らないCDが欲しい DVDが欲しい

タイムスリップして 40代50代のジュリーのライブを観たい

ちょっとでもジュリーを近くで観られる席のチケットが欲しいww

ジュリーのことに関してだけでも 欲は尽きない

 

ただ 希林さんを見ていて思った

自分の生きたいように生きればいい と

全てに執着を残さず そぎ落とされてすっきりと逝った希林さんも見事なら

欲にまみれて したい放題のことをして 後ろ指を指されながらでも

後悔しないで死ねる なら それも一つの生き様

自分の有りたいように自分の望むように 懸命に生きられたなら

それでもいいのではないか と 希林さんの生き様をみて思う

希林さんの 穏やかな微笑みが そういっているように思えた

 

 

先日の福岡のコンサートで ジュリーが 「みんな 死ぬな~!」

と言ったことを ふっと思い出した

希林さんの訃報の直後だったから 希林さんを思い出した方も多かっただろう

いつも 「みんな 死なないでね」と 本気とも冗談ともとれる笑顔で言ってくれるジュリーが

福岡では 「死ぬなー!」 と大きな声で言った

自分の記憶が もうあいまいなので 

福岡に行かれていたのではないかと思われる ジュリーブロガーの方のブログを

こそっと覗かせて頂いたら

https://blog.akiyoshi-zoukei.com/katsu/

「からすの落墨ブログ」さんの記事に有りました

「皆さん、生きようぜーーっ! 死ぬなよーーーっ!」

と 言われたと

(からすの落墨さま 勝手に文章拝借してすみません

からすの落墨さまのブログに出てくる お母様や お姉さまとの会話文

いつも 懐かしい九州弁を思い出させてくださって 楽しみに読ませていただいている者です

大分生まれの福岡県育ちなので 話の語尾に 〝ち″ が付く会話が懐かしくてたまらないのです

会話のアクセントも手に取るようにわかって 笑いながら読ませていただいています

いつも ありがとうございます!)

 

 

ジュリーの縁ある方々が 次々にこの世を後にして旅立っていかれることは

年齢も年齢だし とはいえ 私たちの思いが及ばないほどに 切ないものでしょう

ファンの年齢も年齢だし

ジュリーのために? というのか 自分自身が 長くジュリーに逢いに行けるためにも

生きる! 死なない!

ライブに参加できる健康な身体と体力を 維持していかなければ!

と 思います
  
    

奢らず 他人と比べず 希林さんのように…
  
    

奢らず 他者に媚びず おもねず しかも 愛らしい 

ジュリーのように   

少しでも 美しく 生きられたらいいな     

« 福岡でも続く幸せ♪ | トップページ | 出不精ですが①  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「去る者日々に疎し」という言葉のちゃんとした意味、最近知りました…。

だから、生きていてなんぼだと、しみじみ思います(*^^)v

ですから、お互い、これからも元気でジュリーを末永く見続けられますように💛

まんさくさま こんばんは☆

「去る者日々に疎し」ですか・・・一見悲しい言葉に思えますが(^-^; 
そうじゃなかったら 大切な人を失った哀しみから いつまでも逃れられないから
そういうことも 人には必要なことなのですね・・・

でも 心の一角に その人は住み続けているから・・・
60年近く過ぎても父のことは忘れないし 
13回忌が過ぎても母の夢を見ることが有ります

でも 少しずつ忘れる時間が長くなって その分哀しみは少しずつ和らいでくる
だから また笑えるようになって 日常を生きていける
まんさくさんは私よりジュリーより若い! 
これからも 元気に 長~くジュリーを見続けてくださいね!
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出したこと:

« 福岡でも続く幸せ♪ | トップページ | 出不精ですが①  »