フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月25日 (木)

♡HAPPY BIRTHDAY!♡

💕 HAPPY BIRTHDAY 💕

  ✨ JULIE 

Collage-20200626-09_22_30

 

72  ‼ 

72年間 無事に生き抜いて迎えられた誕生日です 🎂💝

人生も折り返し地点かな?と思えるところを過ぎて

一年ごとに積み重ねられる沢田研二さんの誕生日は 

よくここまで生きてきていただけたと あらためて感謝する日

この先も ずっと健康で幸せに歌い続けていただきたいと 心をこめて願う日です

  

  

コロナ騒ぎの治まらない中 久々に 何ヵ月ぶりかの電車に乗って出かけました🚋

どんな感じなのかな?とドキドキしながら乗った電車は 

換気のため あちこちの窓が 少しずつ開けられていました

乗客の方々は みんなマスクしてるし 程よく距離を保ちながら 無言で乗っていました

誰に言われることもなくこういう気遣いを自然にできるところが 日本の感染者が広がらない理由のひとつかなぁ

とはいえ 久し振りの難波は やっぱり人が多い(^_^;)

いつもに比べると 半分くらいの人出なんだろうけど いつもが凄すぎるから(^▽^;)

   

今回は 3人での誕生日会です🎂 

「コロナ禍中の集まりとしては 3人までがちょうど良い」とおっしゃったどなたかの提言に従った訳ではないけど(^^;

LINEでほぼ毎日話してはいるのに   

久々に逢って話ができるって こんなに楽しく嬉しいことだったんですね!(^^♪🎶

10人くらいは入れそうなモニタールームに3人って 贅沢な気分でした🎶

「愛まで待てない」のDVD📀を2面のスクリーン+モニターで鑑賞 

あっちにもこっちにもジュリーだらけヾ(o´∀`o)ノ♪

30周年の時のDVD📀です

ジュリーがMCで 70歳まで歌ってたらという話をしてました

まさかほんとに 70歳を超えるまで歌ってると あの時のジュリーは 本気で思っていたでしょうか?

コキッ も過ぎ 今もますます元気そうなジュリーを想うと 感慨深い

        

毎年 ジュリーのコンサートを軸に ひと月のスケジュールを組んでいたような生活だったのに

逢えない今年は なんだか生活の軸を見失って 日々がただただ淡々と過ぎていく感じ

さびしい・・・淋しい・・・寂しい・・・  

思い出すと涙が溢れそうな時が有り 

しばらく ジュリーの動画を見るのも 歌声を聴くのも辛い日々がありました

でも 誕生日だけはちゃんとお祝いしたい

そんな思いで出かけた誕生日会

ジュリーを好きで好きでたまらない皆さんと逢っていると

そんなモヤモヤも吹っ飛んで 楽しい嬉しい一日でした💖   
 

これからは歌だけで頑張る という宣言?をされ 

ずっと続けてこられた舞台をやめたものの

やっぱり演劇の神様が放っておかないらしく

またスクリーンに戻って来られることも嬉しいヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

次は「キネマの神様」の撮影開始の報道などを楽しみに

改めて 日々の暮らしをちゃんと頑張っていこう!

と 元気を貰えた一日でした

 

ジュリー 元気でいてくれてありがとう!

これからも 元気で長生きして 私たちに活力を与えてください!

ジュリ友さま ジュリーの話をいっぱいできて 

いろいろたくさん! おみやもたくさん! ありがとう! m(__)m 感謝💖

今回逢えなかった皆さま コロナがもう少し終息したら 

公共の乗り物に乗ることが躊躇しなくて良いくらいになったら

お逢いできる日を 楽しみに楽しみに待っています

一緒に 「キネマの神様」観に行けたらいいな🎶

美術館も行きたいな🎶

その日を楽しみに みんな元気でいましょうね!

2020年6月 3日 (水)

長いトンネルの向こう

この年齢になってからというもの 

一日も ひと月も 一年も 子どもの頃の何倍ものスピードで過ぎていくようだったのに

今年の 四月 五月 は 遅々として進まず

長いガラスのトンネルの中を おぼつかない足取りで進んでいるようだった

ガラスの向こうに風景は見えているし

Image

   

出たければいつでも出ていけるトンネルなのに 

外界を出歩くのは 少し緊張感を持たなければならなくて

自ら進んでトンネルの中を ゆっくりと歩いていたような…

毎日 我が家の猫のように 窓辺に寄っては外界を眺めている 

 

Dsc_02142

 

5月末から6月初日にかけて 会社にも個人にも給付金が振り込まれ アべノマスクが届いて 

周囲の店舗が 普段通りに営業し始めて

急に周囲が 慌ただしく回転を始め

長いトンネルを抜けて 街が目覚め始めたような感覚

 

Dsc_02312

 

だけど まだまだ 安心してはいけない

こんな毎日を 70ン年も生きてきたのに想像すらしたことがなかった

だから まだまだ 想像もしないことがないとは言えない

想像もしないくらい良い方向に転がり始めれば いうことなしだけど

    

6月も 日常を丁寧に粛々と過ごしていこうと思います

    

今もコロナウイルスと戦っていらっしゃる方々に 深い敬意と感謝を持って

  

  

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »