フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

« 幸せと満足感でいっぱいの SSA③ | トップページ | 神戸のメモ〜三日も過ぎたけど(汗)➀ »

2023年7月 3日 (月)

幸せと満足感でいっぱいの SSA④

本編?というか2部?が終わり はけていくジュリーの背中

ベストまで汗が滲んでいました

いつもいつものことながら 

全身全霊 全力でステージを努める 沢田研二 という人

だからあなたが大好きです

嬉しいのに 貴方を観ながら涙が流れるのは

歌うことに どこまでも誠実で 一生懸命な姿が胸を打ち 響くからです

気が載らないから 軽く流す とか セーブする とか 

そんなことを感じさせられたことが一度もない

地方のこじんまりとした会館でも 都会の大きなホールでも

ドームでも アリーナでも 貴方は変わらない

体調の許す限り お医者様に止められていても 

走る 跳ぶ シャウトする ヘドバンまでしてしまう人

そういう貴方が 19000人で埋め尽くされたこのSSAを

どんな気持ちで眺めていらっしゃるか と考えたら

泣かずにいられない 

良かったねジュリー 嬉しいねジュリー 楽しいよ!ジュリー

と 届かなくても心の中で 呼びかけずにいられない

  

そんなことを噛みしめながら アンコールの拍手をしていたら

またまた 意表を突くはっぴ姿で御登場です

中洲って書いてある 博多の中州の法被?

もうすぐ博多祇園山笠の祭りが始まるから の衣装?

MC 短めながら

遠くの方にいる人を呼ぶような か細い おーい が笑いを誘います

「今日から後期高齢者」 「保健証は残して欲しい」 のくだりで拍手いっぱいww

で 音楽劇「悪名」で歌われた

23.河内音頭  を歌い始めました

そうしたら 次々に舞台に上がって来られる大勢の皆さん

よく見れば マキノノゾミさんがいらっしゃる!

清次役の野田晋市さんが! いしのようこさんも 南野陽子さんも!

コバさんも そして グレースさん!(≧∇≦)までも💖

懐かしいお顔がいっぱい♪

えんやこらせー どっこいしょ! の合いの手を皆さんで歌ってる🎵

私も 河内音頭の地元にご縁の有るJ友さまに教えて頂いた合いの手を

小さな声で口ずさみました(^-^;

ジュリーさんは歌詞の中に 私たちも長生きするように と歌ってくれました

「共に 長生きしましょうね~~~」

共に長生きして 生きてる間中 元気でジュリーを追いかけたいものです💖

  

河内音頭の皆さんがはけてから 改めてメンバーを呼び込み

タイガースの皆さんも再登場

小さなバースデーケーキを サリーさんがワゴンに乗せてww

75の文字のキャンドルが 後でわかったのですが J友さんが用意してくれたのと同じ!

それだけで嬉しい(*´艸`*) ファンって単純ですが可愛いものですね(^-^;

 

ここからは 洋楽ロックンロールが次々!

 

24.Time Is on My Side (ザ・ローリング・ストーンズ )

25.Do You Love Me (ザ・デイブクラーク・ファイブ)

26.Satisfaction (ザ・ローリング・ストーンズ)

   

自分の青春時代とも重なって 脚の痛みも疲れも全て吹っ飛んで

見た目はおとなしい?はずの私も 踊り狂いましたww

後方席の方に 迷惑が掛からない程度に(^-^;

2列前の同年代?らしき女性の踊り方が 

当時のイケイケのお姉さんみたいで めちゃめちゃカッコ良かったです!

私 学生時代軽音ロック部にいたのです ただ いた というだけなんだけど^^;

学園祭等で 先輩が弾くロックに

合わせて踊るお姉さま方が眩しかったのを思い出します

「THE TIGERS ON STAGE」のアルバムを 帰ってから聴こう! と思いながら

最高に熱く盛り上がるアンコールの時間

そして 前半で聴けずに とても残念に思っていた この曲!

  

27.ラヴ・ラヴ・ラヴ

  

が ラストの曲でした

最初の音が流れたとたん 会場の皆さん 一斉に 指文字で L を描いていました

ライブ中のすべての時間が 幸せでした 満足感でいっぱいです

脚は 歩くのもままならないほどの痛みになっていましたが

後悔はない(笑)

同行の皆さんに 迷惑をかけてしまったけど

ジュリーに免じて 皆さん 優しく歩調を合わせてくださいました

ごめんなさい!

そしてありがとう!

予約していたカラオケルームで ジュリーのバースデーを祝いながら

日付が変わるまで楽しく過ごしました

万難排して SSAに集結して この場に居られたこと

きっといつまでも忘れられない最高の思い出のひとつになりました

還暦大阪京セラドームコンサート以来

ジュリーの節々に そして同年齢の自分の節々に

忘れられないコンサートが蓄積されていきます

今度は 喜寿 傘寿 米寿 卒寿 白寿 100歳は何?(笑)

ついていける限り 共にまいりましょう!!

ジュリー ありがとう 有難う サンキュー! ありがとうね!

« 幸せと満足感でいっぱいの SSA③ | トップページ | 神戸のメモ〜三日も過ぎたけど(汗)➀ »

ジュリー沢田研二」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せと満足感でいっぱいの SSA③ | トップページ | 神戸のメモ〜三日も過ぎたけど(汗)➀ »