フォト

http://ameblo.jp/aikyon625/

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

  • 磯前順一: 世界は僕らを待っていた

ウェブログ・ココログ関連

2010年8月 6日 (金)

蛍のランプ

ブログネタ: 【賞品付き】子どもの頃にしてた、今では考えられないことは?参加数拍手

なにげなくココログを開いたら このタイトルが眼に飛び込んで来たので 初めてのブログネタ投稿してみようと・・・

今では考えられないけど 田舎育ちの私が小さい頃は 

ゲームがなくても テレビがなくても 遊びには事欠かなくて 

草花や運動場の泥んこや小川の水や 自然の中の何でもが遊びの対象でした

おとなしくて優等生だった(?怪しい~~(;>▽<;))私のような子でも 下校中 橋の欄干の上を ランドセルしょったまま歩いて遊んでました

先日 ン十年ぶりにその橋を見に行って ぞおっ・・・・・っと

木造の欄干の手摺りは 風化しているものの当時のままで 幅20cmもないくらい  川までの高さは7~8mはゆうに有る  川の水嵩は30cm も無さそう・・・  もし落ちてたら 今の私は存在してなかったかも・・・です

そんな中忘れられない思い出は 夏休みに従兄弟のお兄ちゃんが 作ってくれた 蛍のランプ

従兄弟の家の前には 大きな川と用水路が平行して流れていて 夏には 沢山の蛍が飛んでいました

畑に育った大きな葱坊主を 根元から折り取って太い茎の中に 蛍を取っては 次々に いっぱい入れるのです

暗い闇の中に 葱の緑色を透かして 黄色い光が優しく点滅する 蛍のランプが出来上がり 

子ども心にも ぼおーっと見とれてしまうくらい 綺麗で暖かい光の色が幻想的だった・・・

しばらく楽しんだら また夜の闇に放してやるのです

今では 水田や用水路が有っても 蛍が棲んでいる場所はごくごく稀になってしまい 蛍は観賞用で 捕まえるなんて考えられないくらいの世の中になってしまいました

水も空気もきれいだった 昔々の話です