家の側の公園の桜〓が咲くのを 毎年楽しみに待っている
10本〜20本弱しか無いけれど 遠くの名所に行く時間がなくても ここで充分桜の季節を味わえる
この地へ引っ越して来た頃 ご近所さんとヨチヨチ歩きの子供達を遊ばせながら 桜の季節シートを広げお弁当を食べてた
その頃はまだまだ頼りない小枝のような幹で 植えられたばかりの苗木だった
今では 頭上に被さるほど沢山の花をつけて その下で孫を遊ばせてる我が家の長男よりは かなり逞しく育ってる
桜の季節にも桜にも 沢山の想うことが有る
桜の開花を心待ちにし 美しさを愛でながら 哀しみも共によみがえる
華やかで 愛しくて 寂しい花 桜